Home > 生活情報 > NZで家を購入

NZで家を購入 Archive

NZの家はカーペットで年代が分かる?

うちのカーペットがそろそろ替え時。

カーペットを新しくしてもいいし、フローリング風のタイルもあるし…ニュージーランドではどんな選択肢があるのか見てみたくてカーペットショップに行ってきたよ。

中にはサンプルがずらり

カーペット ニュージーランド

入口でスタッフに「カーペットをかえようかな?と思ってるけどまだ何も決めてない」って話したら、親切にいろいろ説明してくれた!

「カーペットは10年位でかえる人が多い。長持ちすると15年位かな?

家の印象もぐっと変わるし、家がそんなに大きくなければコストもそこまではかからないはず^^」

 

カーペットだけじゃなくて、タイルでストーン風、タイルでフローリング風なんていうのも出来る

フローリング ニュージーランド

この方が費用を抑えられるんだとか

カーペットの方が音を吸い込むから声が響きにくいっていうのもあるけどね。

 

スタッフ「カーペットにも流行りがあって、家にお邪魔すると、何年代にカーペットをとりかえたか大体わかっちゃう

ええ、そうなの!?

約7年位で流行りの色ががらっと変わるからね・・・

ブルーだったり、グリーンだったり、みんな揃ってこういう柄がちょっと入ったのにした時期も」

カーペットの流行り

こういうカーペット、たしかに見かけるね・。・

「今お店に来て気づくと思うけど、お店に揃っているカラーはほとんどがグレーかブラウンでしょ。」

色の流行り

ほんとだ!

「最近はりかえた人たちも、こういう暗めの色が多いかな~

モダンに見えて落ち着いているから人気みたい。

私たちは何十年もカーペット業界で働いているから、移り変わりを肌で感じているんだ」

今カーペットをかえるなら、グレー系かブラウンらしい・。・

 

ニュージーランドブログランキング参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

下の「ニュージーランド情報」をクリックすると投票されてランキングが上がるから、クリックよろしくね。

クオリティーニュージーランドでは、小学・中学・高校、語学留学などの無料手続きや現地サポートをしています。

Post to Google Buzz
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - NZの家はカーペットで年代が分かる?
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ニュージーランドで家を売る

先日、キウイの友達とクライストチャーチの日本食レストランHachi Hachiに行ってきたよ。

ハチハチは、クライストチャーチに3年位前にオープンした日本食レストランで、今はシティーのBNZセンター、ビクトリアストリート、ブッシュイン(ショッピングセンター)、さらに郊外のランギオラにも新店をオープンさせているカジュアルな和食レストラン。

カレーやどんぶり、巻き寿司などニュージーランドでも定番の和食を出してる。

 

私が日本人だから、レストランへ行くときに「一緒にジャパニーズレストランへ行こうよ!」って言われる率は高いw

はちはち クライストチャーチ

今ちょうど家を売出し中の子がいるから、その話でもちきり。

「不動産エージェントがどんどん指示してくれるから思ったよりスムーズに事が運んでるかな。

この前、リスティングに載せるための写真撮影で、フォトグラファーが来て…

その写真をちょっとした小冊子にしてプレゼントしてくれたのよ。ここに住んでたっていい記念になる^^」

 

今はインターネットで家を探す時代だから、まずは第一印象の写真って重要になってくるよね。

キレイに撮れ過ぎていても実際に訪れたときにがっかりするし、かといって上手に撮れていないといい印象を与えられない…

家を売るためのマーケティングは、家の写真撮影、ウエブ上に何サイトか掲載、不動産無料冊子への掲載などが含まれていくらってパッケージになっているんだとか・。・

hachihachi christchurch
何を頼むか迷って、みんな定食でw

 

「今日は初オープンホーム(決まった時間(30分など)の間、誰でも来て見学できる)なのよね~」

 

お、そうなんだ!

家のオーナーはオープンホームに行かなくていいの?

 

「オーナーにはオープンホームに基本的に来ないようにって不動産エージェントも伝えてくるみたいよ。

余計に説明しちゃったり、見学者も本音が言えなくてよくないからって」

まあそうだよね~

確かにオープンホームにオーナーがいたときって無い^^;

プライベートセールだったらオーナーと直接話すけどね。

 

「これから、明日、明後日にもウオーターブラストで外壁をキレイにしてもらって、ウインドークリーニングの業者にも来てもらって…」

 

ええー!

地震後に建てなおしてまだ築2年なのに、水圧で壁をキレイにする必要なんてあるの??

 

「うちは地震の被害の大きかったエリアでしょ。

うちが建ったあと、両隣の家もそれぞれ取り壊して新築にしたから、その時のチリ、ホコリがすごくってTT」

なるほど…!

今オークランドやクライストチャーチのほとんどの家がそうであるように、あえて物件に値段はつけず、ただ「ネゴシエーション」と記載しているんだって。

私はニュージーランドで家を売ったことは無いけど、みんなは経験者だからあーわかる~って共感してた・。・

 

ニュージーランドブログランキング参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

下の「ニュージーランド情報」をクリックすると投票されてランキングが上がるから、クリックよろしくね。

クオリティーニュージーランドでは、小学・中学・高校、語学留学などの無料手続きや現地サポートをしています。

Post to Google Buzz
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ニュージーランドで家を売る
Bookmark this on Yahoo Bookmark

オープンホームで聞くと不思議がられる質問

週末住宅街を歩いているとオープンホームの旗が立っているのを何件も見かけたから、散歩ついでに入ってみたんだ。

不動産エージェントに挨拶をして、「まだすぐ買うっていうわけじゃないけど、どんなところか見てみたくって^^」なんて話しながらビジターが書くノートに連絡先を記入。

これは絶対やらないといけない。

セキュリティーのためらしい!

*後で電話が必ずかかってくるからちょっと面倒でもある

ニュージーランドで家を探す

家をぐるっと見てから感想を聞かれた時に、「いいんだけど、お風呂が無い(シャワーのみ)のがね~」って言ったら、

一瞬止まってから「・・・?? お風呂って赤ちゃんのためですか?」って不思議そうに聞かれた。

いや、私日本人なんで…って説明しても珍しそうな顔されて^^;

ニュージーランド 投資

もう一軒また違ったタイプのオープンホームに入ってみて、感想を聞かれた時にも風呂が無いって正直に言ったら・・・

「・・??風呂?赤ちゃんの沐浴のためですか?」

と目が点になってる風だった…!

赤ちゃんの沐浴じゃないと風呂場って使わないの!?

って2軒連続全く同じ反応@@

しかも、この売出し中の家では、以前バスタブがあったけど邪魔だから取り外してシャワーのみに変えたという@@

バスタブがついている家もそれなりにあるんだけど、条件として重要視する人はニュージーランドでは少ないのかな?

 

ニュージーランドブログランキング参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

下の「ニュージーランド情報」をクリックすると投票されてランキングが上がるから、クリックよろしくね。

クオリティーニュージーランドでは、小学・中学・高校、語学留学などの無料手続きや現地サポートをしています。

Post to Google Buzz
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - オープンホームで聞くと不思議がられる質問
Bookmark this on Yahoo Bookmark

NZで家のオークション初体験

ニュージーランドの都市部で主流のオークションによる家の販売。

オークション会場ってどんな感じなのかな?ってちょっと顔を出してみたら、超満員だった!

 

正直ここに来るまでは、少し見たら飽きるかなって思ったけど・・・

これがなかなか活気があって面白い!

オークション ニュージーランド

今日オークションにかけられる物件リストの冊子。

ここに自分のメモとして値段を書き込む。

 

まずオークション司会者による物件の紹介のあと、家の販売担当エージェントから一言アピールがあって、さっそく入札タイムに!

会場で手が上がるし、電話での入札も。

今いくらになっているのか、どの物件なのかが常に前のスクリーンに映し出されているから分かりやすい。

 

リザーブ価格(売主が、これ以上の値段で売りたいと決めている価格)に達するまでは、オーナー側が値段を釣り上げるために入札をすることも出来るんだとか・。・

でもリザーブ価格に達すれば、それ以上そういったことはない。

入札が止まって、3数える間に誰も他に入札者がいなければ落札!

不動産 ニュージーランド

家の落札者に花束が贈られる

実際にストレートにSOLDともいかなくて、値段が吊り上がってきても、売主の希望価格に達さなければ、最高入札者と売主の間で話し合いに。

そうなったらオークションは一時的にストップして、誰でもその間入札出来るようになる。

話し合いで納得いく価格に達さなければ、この日は物件は売られずに、後から売値を付けて市場に出たりも。

 

初めてオークションに立ち寄ってみて感じたのは、オークションは値段がどんどん吊り上がって、思った以上の価格になりそうってこと。

売る方はいいけど、買う方としては・・・

入札前に弁護士費用や建物を検査する費用などもかかっているのに、落とせない可能性ももちろんあるし、こんなにぽんぽんと値段が上がっちゃうなんて厳しい!><

 

ニュージーランドブログランキング参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

下の「ニュージーランド情報」をクリックすると投票されてランキングが上がるから、クリックよろしくね。

クオリティーニュージーランドでは、小学・中学・高校、語学留学などの無料手続きや現地サポートをしています。

Post to Google Buzz
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - NZで家のオークション初体験
Bookmark this on Yahoo Bookmark

1 / 1312345...10...最後 »

ホーム > 生活情報 > NZで家を購入

ニュージーランド旅行・留学
最新の記事
最近のコメント
Facebook
カレンダー
« 2017 年 5月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ニュージーランド航空
月別

トップに戻る