ニュージーランド移住10年目。ラジオ局での仕事、留学会社運営していてのあれこれ

  1. クライストチャーチ

スキー場でリフトを使わず歩いてみた

クライストチャーチから車で1時間のクラブスキー場、ブロークンリバーに行った話の続きです。

今回は友達のサプライズバースデーパーティーがメインだったので、この日は半数はスキーを、半数は周辺を散策したりして帰るって感じだったんだ。
私たちも、キウイの友達からスキーを担いで上がらないといけない、それがまるでトレッキングみたいで大変だよと聞いてたから今回はスキーはしないことに・・・。
でも、スキー場の途中にあるロッジにカフェがあって、そこまでは歩いて15分で登れるからそこで語ろうよってことになり、とりあえずそこまで歩いて行ってみることにしました。

ロープトーと呼ばれるロープだけのリフトはこんな感じ↓
ロープトゥー
普通の乗るタイプのリフトと違って、ケーブルを持って滑りながら上に上がっていくんだね。
昨夜話したオーストラリア人女性は、この近くのスキー場で同じタイプのリフトから10回位落ちたって言ってた…!
一度リフトから離れてしまうと、また下まで滑って戻ってやり直すしかないんだとか。
えースキーに慣れている人がリフトから落ちちゃうなら、私たちには無理じゃん!?って言ってたら、
「ああー私がうまく出来なかったのは他のスキー場で、そこのリフトが急だったからで、ブロークンリバーは大丈夫よ~^^」
次回来た時にはぜひスキーに挑戦してこのリフトに乗ってみたい!

クラブスキー場って、マウントハットとか大きいスキー場と違って客が少ないからか新雪のところが多い
雪山を登る
明らかに雪の中を歩く格好じゃないし、雪が柔らかいから登って行くのが大変><

歩いて登っていく途中にはリフトのケーブルをくぐらないといけない場所が。
サバイバル
リフトで登ってくる人もいるし、ケーブルが上下に大きく振れてるからくぐるタイミングが難しい。ケーブルはすごい勢いで動いてるから触るとキケン!!

多くの人はここまで来て諦めて戻っているのか、この先は、あんまり人が歩いた跡がないから、雪が深い・・・
先に行ったキウイ達の足跡の上を歩いて行ったよ。
雪
ロッジまで歩いて15分って言われたけど、全然つかない
上のロッジはすぐ近くに見えているのに、歩くのが大変だから時間がかかるんだね
新雪が深すぎて足がはまって抜こうとしたら靴だけ脱げるトラブルにもあいながら・・・

下のリフトから30分以上かかって、何とかロッジに到着。

ここには人がいっぱい休憩してたよ
カフェがあるとか聞いたけど、自分でコーヒーを作ったりできるようになっているんだね。
ロッジ
先に着いた友達と話してたら、ビックリする情報が!
駐車場から、ロッジまでのトラムは11時~3時半までは動いてないんだとか・・・
彼らは、トラムが止まってたから昨日は歩いて登ってきたんだって。
下のリフト乗り場から、ここのロッジまで来るのよりも大変だったから乗り遅れないようにした方がいいとのいこと。

えええ~デービットとかとロッジで会おうって言ってたのに、もうあんまり時間が無いじゃん。
でも、携帯も電波が無くて通じないし、時間がないから降りることにしました。
さらに上
スキー場はこんな感じ。滑ってる人が少ないから、気持ちよさそうだね。

一泊二日の初クラブスキー場では、今まで知らなかったニュージーランドの一面を見た気がしました。
クライストチャーチ近郊にもまだまだ知らない、こんな凄い見どころがいっぱいあるんだね!
次は万全の格好をしてスキーを楽しみに来たいな!!

クライストチャーチの最近記事

  1. クライストチャーチで台湾スイーツMeetFresh

  2. 「ニュージーランド世界平和の鐘」で除夜の鐘!

  3. サンタパレード:クライストチャーチ夏のイベント

  4. ニュージーランドのミニSLがすごい

  5. クライストチャーチの週末は港町リトルトンのマーケットへ

関連記事

コメント

  1. ボクが初めてクラブフィールドへ行ったのは17年前。
    それ以来クラブフィールドの虜になってしまいました。
    全然知られていないけれど『素顔のニュージーランド』がここにはあると思います。
    今度娘と一緒に滑りに行きませんか?

  2. 17年前!!からクラブスキー場に通われているんですね!
    17年前といったら・・・私はニュージーランドの存在をうっすら知っていた位・・・!?
    知られていない分、込んでいないし、フレンドリーでいい所ですよね!
    ぜひ今度娘さんにご一緒させていただきたいです^^ノ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 ニュージーランドの現地留学会社 

facebook



ニュージーランド語学留学情報

過去記事

PAGE TOP