ニュージーランド移住10年目。ラジオ局での仕事、留学会社運営していてのあれこれ

  1. 英語学習

英語試験IELTSが変わる!

ニュージーランドで英語の試験と言えばIELTS(アイエルツ)
大学や専門学校に留学する時、ニュージーランドの永住権を申請するときに必要になってくるし、高校留学生も大学受験のために受けたりするよね。

日本で英語の資格といえばTOEICが圧倒的に知られているけど、TOEICはニュージーランドで知っている人はほとんどいない。
IELTS 試験
ニュージーランドはもちろん、世界で広く活用されている英語の試験IELTS。
受験代も安くないし、丸1日、または2日かけて受けるテストだから、みんな試験準備はしっかりする

先日、IELTSの公式スタッフ、アニーとミーティングしたんだ。

ちょっと気になっていたアイエルツの疑問を聞いてみたよ。
私「ニュージーランドで受験するよりも、日本で受けた方がいい点が取れたとか、この都市で受けるとスピーキングの点数が伸びるとかって都市伝説が…」

IELTSスタッフ「実際にテストの難しさに差はないようにできているから、受験会場によって難易度が変わるといったことは無いはず。

ただリラックスして受験できればスコアが上がるというのはリサーチで明らかになっていることなの。

だから全力を出しつつ、肩の力を抜いて受けることが重要!」

 

IELTSって時間のかかる試験だから、1日で受験する場合と、2日に分けて受験する場合があるよね。
どっちの方がおすすめってある?

「身近な試験会場で受けるのが一番!
移動にも疲れちゃうからね。
もしもニュージーランドで受けるか、一時帰国中に受けるかなどで選べる場合、1日で試験が終われば楽だと思うかもしれないけど、個人的には2日に分けた方が集中力が続いていいんじゃないかな?

さすがに一日中集中して英語の試験を受けるとヘトヘトになって最後パフォーマンスが出ないことも。

これはリサーチに基づいた話ではなく、個人的な意見だけどね」

IELTS 英語の試験

今後IELTSはスピーキング以外の3技能をオンライン化していく予定があるんだって。

まずニュージーランドで導入されて、そのうち日本もそうしていくプラン!

そうすることによって決まった曜日だけじゃなくて、月~金までもっとフレキシブルに3技能のテストを受けられるようになる予定
紙のテストの方が集中できそうなイメージもあるけど、ライティングで長文を打つならパソコンの方が編集しやすいかな。

IELTSのテストは人気があってクライストチャーチでもすぐにFULLになるもの。
直前の申込では受験すらできない!

IELTS側としても、一部オンライン化することによってテストを受けられない人が減り、受験者数が増えるのを期待しているんだとか。

NZブログランキング参加中! にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 この鳥の絵をクリックすると投票されてランキングが上がるから、クリックよろしくね。

英語学習の最近記事

  1. 日本や東京の人口…英語で大きな数字を何ていう?

  2. お母さん、お父さんを英語でmother/fatherは使わない?

  3. IELTS(アイエルツ)もTOEFULのようにパソコンで回答!筆記試験じゃなくなる

  4. うらやましい!いいな!の自然な英語表現

  5. 翻訳機能で書いた英語はバレる

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

 ニュージーランドの現地留学会社 

facebook



ニュージーランド語学留学情報
PAGE TOP