Home

クライストチャーチ最高!/ニュージーランドブログ

アンザックデー、ニュージーランドで戦争の思い出

ニュージーランドではイースターで4連休があったばかりだけど、来週も祝日アンザック・デー(ANZAC Day)があってショートウイークに!

アンザックデーは、1915年の第一次世界大戦で、オーストラリア・ニュージーランド軍がトルコのガリポリ半島に上陸した日(4月25日)。
第一次世界大戦だけじゃなく、その後の戦争の犠牲者も追悼する日。

ANZACとは、Australia and New Zealand Army Corpsの略だけど、ニュージーランド、オーストラリアだけでなく、サモア、トンガ、クック諸島、ニウエでも休日
アンザックデー
この時期になると胸にフエルトで出来たポピーをさしている人を多く見かけるよね!

ANZAC DAYが近くなると、テレビでは戦争に関するドキュメンタリー番組を放送したり、学校でも戦争について習ったり…

私も今週はアンザックデーについての番組収録で、ニュージーランドでの戦時中の話を聞くことが出来たよ。

アンザックデー

ニュージーランドのアンザックデー関連の音源

 

ニュージーランドは戦場にはならなかったけど、戦争で海外に行ってしまった家族を思う気持ち、

子どもながらに当時ニュージーランドも貧しかったのを感じていて、デイリー(小さなコンビニのような商店)に行っては「甘いもの何か入った?」って聞きに行ったって…

食べ物が本当に売っていなくて、物が入る度に人が押し寄せたって。

 

ニュージーランドブログランキング参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

下の「ニュージーランド情報」をクリックすると投票されてランキングが上がるから、クリックよろしくね。

Post to Google Buzz
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アンザックデー、ニュージーランドで戦争の思い出
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ニュージーランドの永住権がさらに厳しく・・・@@

ニュージーランドでは記録的に移民の数が増えていて、「オークランドが混み過ぎている」「移民が高騰している家の価格を押し上げているのではないか?」「ニュージーランド人の仕事が奪われる?」って時々ニュースで取り上げらているけど・・・

 

「ニュージーランドの永住権を取るための条件」が、2016年10月に厳しくなったばかりなのに、さらに永住権の審査を厳しくするという発表が今日あってビックリ!!@@

 

参考に、去年変更になった点は…

<永住権のSkilled Migrant Category(技能部門)の去年の変更点>

・永住権の最初のステップ、EOIはポイント制で、今まで140点を超えていれば自動選出されていた→「160ポイント以上必要」に変更

・必要な英語力はIELTS6.5。以前は英語環境で働いているなど、移民局の審査官が大丈夫そうだと判断したらアイエルツの試験を免除されることもあった→カナダ、アイルランド、イギリスの市民権を持っていたり、アメリカで5年以上働いた経験がある、またはオーストラリア、ニュージーランドで5年以上の留学経験があるなどの厳しい条件に当てはまらなければIELTS6.5の提出が必要に

 

この変更だけでも衝撃が走ったのに、さらに今日ニュージーランド政府から発表が…

ニュージーランド移民局

2017年8月から、政府がスキルを認めている仕事(Skilled Migrant)で申請する場合、最低でも年収が4万8859ドル必要に
時給にすると23.49ドル。
ちなみに、今の最低賃金は15.75ドル。

もしスキルが認められていない職業だった場合、その1.5倍の7万3299ドルの年収が必要。
(時給35.24 ドル!)

この年収が無い場合、永住権の雇用ポイントとして加算出来無くなる。

 

低賃金で外国人労働者がたくさん入ってくると、ニュージーランド国民の失業率が上がるっていうのも分かるんだけど、これで急に申請出来なくなっちゃう人もけっこういるんじゃないかなTT

オーストラリアやアメリカも、つい昨日ビザを厳しくするって発表があったところだったし、世界的にそういった流れになっているんだろうね。

ただ、年齢ポイントについては、30歳~39歳の人は今まで以上のポイントがもらえるんだとか。

ニュージーランド移民局

前回の変更で、英語力(IELTS6.5)をしっかりとチェックするようになって、必要ポイントも160ポイントに上がり、さらに給料にまで言及されるって、ここまで急に基準を上げられるなんてね。

 

この発表前でも、移民弁護士と話した時に「どの職業で永住権を申請するとしても、「その職業のニュージーランドでの平均的な給料」を参考にして、それ位はもらっていないと、スキルがあると認められないことが多いから注意」って話してたんだよね。

だからこの移民弁護士は、いつも永住権を申請する前に、申請者の職業のジョブディスクリプション(仕事内容)と給与をよく確認して、これくらいの額を貰ってないとだめ、足りないならボスに賃上げを頼むか、転職するか、別のキャリアを考えた方がいいってアドバイスしてたのを思い出したよ。

 

ニュージーランドブログランキング参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

下の「ニュージーランド情報」をクリックすると投票されてランキングが上がるから、クリックよろしくね。

Post to Google Buzz
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ニュージーランドの永住権がさらに厳しく・・・@@
Bookmark this on Yahoo Bookmark

NZに住んでいると分かってくる事

ラジオ局のスタッフルームの机の上によくお菓子が置いてある。

放送局で貰ったもので、欲しいのがあったらスタッフが自由に持って行ける・。・

チョコレートが多くて、中でもこれが定番

ニュージーランドのチョコ

Favoritesといって、キャドバリーのミニアソートセット

*キャドバリー (Cadbury) は、イギリスのお菓子メーカーで、100年以上の伝統がある世界的に人気のチョコレートブランド。ニュージーランドでも昔から親しまれている

このfavoritesにはNZで定番のチョコが11種類入っていて、キウイはだいたい自分が好きな種類を把握してるw

私が箱を開けていたら、マーガレットが「あ、クランチ―ちょうだい!」って。

そしたらモーリーンが「私はドリーム(ホワイトチョコ)かな~」、マイケルからは「ピクニック1本ちょうだい~」と声がかかったw

チョコ ニュージーランド

私はドリームかflake(サクサクしたチョコ)かな~

ニュージーランドのチョコメーカーのウイッタカーズの方が好きだけど^^;

 

ニュージーランドに移住したばかりの頃は、どれが自分の好みなのか分からず食べてみて撃沈したことが何度もw

モロバーとか、クランチ―とか、多くのチョコにキャラメルとかホーキーポーキー(キャラメルのつぶ入り)が入っていて甘すぎるし、歯にくっついて好きじゃないんだよね・・・

特にミント入りのが苦手@@

日本ではほとんど無いよね!?

 

放送局の会議中に出るお菓子にミントチョコが多かったけど、私が全然食べないって知ってるから、そのうち会議ではでなくなった・。・

「ミントチョコは好きじゃない」「ホーキーポーキー(キャラメルつぶ入り)チョコはいまいち…」って言うと、ニュージーランドで一般的なフレーバーなだけに「一体何なら食べられるの!?」って思われるw

子どもの頃から馴染みがあったらまた別なのかも…?

 

ニュージーランドブログランキング参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

下の「ニュージーランド情報」をクリックすると投票されてランキングが上がるから、クリックよろしくね。

Post to Google Buzz
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - NZに住んでいると分かってくる事
Bookmark this on Yahoo Bookmark

サンウルブスがNZへ!スポーツジャーナリスト大友さんと再会

金曜日はスーパーラグビーの試合がクライストチャーチのamiスタジアムであったよ!

地元クルセイダーズの対戦相手は、日本から遠征してきたサンウルブス!!

サンウルブスが初めてニュージーランドで戦う試合っていうことで注目されていて、知り合いも何人もスタジアムに見に行ったって聞いた。

 

昨日、その取材でニュージーランドに来たスポーツジャーナリストの大友信彦さんとランチしてきたんだ。

大友さんとは、前回会ったのが東京・高田馬場にあるラグビーダイナーNo Side Clubでのイベント「ニュージーランド応援ナイト」

ニュージーランドナイト 釜石ナイト

大友さんとの対談形式で楽しかった!

ラグビーORニュージーランドが好きな人が集まって楽しもう!というイベントで、この日のゲストがクライストチャーチで15歳から24歳までを過ごした現サンウルブスコーチ・田邉淳さんと、私だったの。

 

そんな大友さんとクライストチャーチで会ったのは、修復中のアートセンターに新しくオープンしたカフェBunsen。

アートセンターの今
室内は1階、2階に席があって、外のテラス席もあるから天気のいい日は外で食事してもいい^^

地震後アートセンターはずっと修復中だったけど、段階的にオープンしてきてるんだ!
インフォメーションセンターもボタニックガーデンの入り口からアートセンターに移ったところ。

ラグビーって私も好きだけど、ニュージーランドに来てから知った位でそんなに詳しくなくて・・・

そんな私にも分かりやすくラグビーの話をしてくれて興味深い!

カフェ クライストチャーチ

ラグビーが大好きな大友さんにとって、ニュージーランド航空の機内エンターテインメントはキケンらしいw

最新の試合だけじゃなく、名場面ハイライト、何十年も前のラグビーマッチを丸々一本とか…

あまりの面白さに眠れないってw

確かにニュージーランド航空以外であんなにラグビーの映像が揃っているのはみたことがない…!

クライストチャーチ復興

大友さんはラグビーの記事中心に日本の雑誌や新聞、ウェブ用に執筆しているけど、今回はクライストチャーチ復興の取材も兼ねているということで、最近のクライストチャーチの話も。

ラグビーライター

今回もかなりのハードスケジュールみたいだったから、いつかぜひ家族旅行でゆっくりとニュージーランドに来てほしいな(^O^)/

 

ニュージーランドブログランキング参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

下の「ニュージーランド情報」をクリックすると投票されてランキングが上がるから、クリックよろしくね。

Post to Google Buzz
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - サンウルブスがNZへ!スポーツジャーナリスト大友さんと再会
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Home

ニュージーランド旅行・留学
最新の記事
最近のコメント
Facebook
カレンダー
« 2017 年 8月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ニュージーランド航空
月別

トップに戻る