Home

クライストチャーチ最高!/ニュージーランドブログ

生放送中に脱毛ワックス

放送局で仕事中には、自局の放送を常にバックグランドで聞いています。

昨日5時すぎにそろそろ帰宅しようと思っていたら、ラジオがなんだか賑やかでした。
グラム&ライアンショーという高校生に人気のティーンエイジャー向け番組で、DJの二人がギャー!って叫んだり爆笑したり・・・

楽しそうなのでオンエアスタジオに見に行ってみたよ。

スタジオの前にはすでにニッキーも来ていました。
ニッキー「ちょっと見てよ!あの二人、お互い脱毛ワックスで、生放送中に脱毛してるの!」

ええーー!

曲を流してマイクがOFFになったとたんに、DJの2人がカモーン!ってスタジオに呼ぶので、私もニッキーもオンエアスタジオの中へ。

「今、脱毛ワックスで足の脱毛を試したばかりで、次はワキの部へ移るから、ナオコ、ワックスはがす係やってよ!」
ニュージーランドのラジオ局
ワキ毛を一気に抜くなんて痛そう><

間もなく曲が終わって、マイクが再びONに。
「さて、スタジオにはニッキーとナオコが来ています!」

突然のこの事態に、気になっていたことを聞いてみたよ。
私「なんで今回、生放送で脱毛しようということになったの?」
ライアン「僕たちが高校生だからだよー。面白いことならなんでもやりたくて^^ハハハ」

私「脱毛ワックスの箱にはビキニの女の人の写真があるけど、これって女性用では?」
グラム「男性用のワックスなんて見つからないじゃん。これは売ってたものの中で一番安かったからさ」

一番安いって・・・肌大丈夫!?透明のセロファンの下には緑色の液体がべっとりついてるけど・・・

思いっきりフイルムをはがしたら、わき毛が半分くらい一気に抜けました。
ウオォォォーーーーー!って叫んでたよ><
本当になんでこんな事を^^;

リスナーからの反応は良く、携帯メールがガンガン来ていました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 生放送中に脱毛ワックス

アルパカとお散歩

ニュージーランドでは年に一度あるNational Alpaca Day(ナショナル・アルパカデー)。全国各地のアルパカ牧場が一般開放されます。
この日、アルパカ牧場見学に行ってきた話の続きです。

次に行ったのは、Stoney Meadows Alpacasというアルパカファーム。
ニュージーランドのアルパカファーム
1件目のファーム周辺をドライブしてたら発見!カラフルなグラデーションのロゴがカッコイイ!道路沿いにこの看板が出てたからすぐわかったよ。

ここにも真っ白なアルパカがたくさんいました。40匹ほど飼育していて、飛行機でヨーロッパに輸出したりしているんだとか。
飛行機の中でも、アルパカはちゃんと動き回れる環境で草も敷いてあったりするんだそうです。ニュージーランドからヨーロッパへはすごく長距離フライトだから気を使っているんだね。

ここにいるアルパカの中には販売しているものもあり、ペットとして欲しかったら、今日ここでアルパカ買ってもいいんだよ!って言われてびっくり。

私「えーうち、土地ないですよー。ペットに出来るものならしたいけど・・・」
オーナー「そんなに広大な土地はいらないよ^^」
私「いや、シティーのアパートに住んでるんで^^;」
オーナー「はっ、そりゃー無理だ。普通の家の庭でもダメだよ。ちょっとした広さないとね。でもペットにする人もいるんだよ」

アルパカが近くに寄ってくるように、餌をトレイに入れてくれた
クライストチャーチ近郊のアルパカ牧場
ゆっくりと歩いて寄ってきて、もぐもぐ食べてる、かわいい~^^

オーナーの手から直接餌を食べるアルパカ
餌を食べるアルパカ
アルパカはそれぞれ塀で分かれた区間にいて、年齢や性別などで分けられているんだって。

アルパカのお散歩って出来るんですか?って聞いたら、「出来るよ。やってみるかい?」
そう言ってリードを顔につけはじめました。

リードをつけようとしているのを察しているのか、リードを持ってオーナーがアルパカに近づくと、速足でささっと逃げ出すの。オーナーが両手を広げて優しく近づいても、塀のコーナーまで逃げてたよ。つかまっても別に怒ってはなかった様子

アルパカと散歩できる!
リードをつけられると諦めて、おとなしくしていた
オーナーの右後ろからぬっと顔出してる子がかわいい!

すぐに、綱を渡してくれました。「これでOK!さあ持ってみて!」

夢の、アルパカ散歩させてもらいました!!
アルパカをお散歩させるのに成功!
顔をひっぱるなんてかわいそうで、全く引っ張れない・・・けど、最初アルパカが動かない!!

アルパカの顔をみて、アイコンタクトしつつ、歩こうね~^^ こっちいこうー!おいでー!!って声をかけたら、ちょっとずつ歩きだした!
コミュニケーションが大事・。・

ちょっと一周歩いて大満足でした。これだけ広大な土地で自由に育っていても、オーナーさんもアルパカの散歩に連れて行ったりもするんだって。

ゆっくりと移動して寄ってきたり、草を食べたりすわったり・・・見ているだけでとても和む
ニュージーランドにアルパカファームは多くある
アルパカについて詳しくなれたし、ニュージーランドのアルパカ牧場はこんな風になっているんだ!と分かって良かったです。
本当にアルパカ牧場でいつかファームステイしてみたいな!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アルパカとお散歩

ニュージーランドのアルパカ牧場

日本でもクラレのCMで注目されているアルパカ。
ニュージーランドでは羊も牛も馬もいっぱい見るけど、ドライブしているとアルパカもときどき見かけます。
とてもキュートなので、アルパカを見ると思わず車をとめたくなるよね!
アルパカはニュージーランドで沢山みかける
アルパカ牧場はクライストチャーチ周辺だけでも20カ所以上もあるんだとか。アルパカ牧場でファームステイできるところも多い

ニュージーランドでは年に一度、National Alpaca Day(ナショナル・アルパカデー)なるものが存在するそうです。
その日には、全国各地のアルパカ牧場が一般開放されるんだとか。

そんなナショナル・アルパカデーにアルパカ牧場を見に行ってみました。

一軒目に行ったのが、ちょっと高級なファームステイ体験が出来る牧場。
ランギオラ(Rangiora)の近くにあります。クライストチャーチ中心地から車で30分くらい
ニュージーランドでファームステイ
キレイな並木の奥に見える建物にステイ出来るんだ。土地がひろーい!

こんなステキな所でアルパカに囲まれてファームステイなんて最高だね。
ニュージーランドで高級ファームステイ
B&Bで予算は一泊350ドルくらいからなんだとか。

ファームに近づいていくと、フレンドリーなオーナー夫婦が来てアルパカについていろいろ説明してくれました。
「白、茶、ミックス、たくさんの色がいるでしょー^^みんなアルパカだよ~」
アルパカがいっぱい
かわいい!!かわいすぎる!!天国・・・

子供もいっぱいいたよ。お母さんにずっと寄り添って行動しているのが本当に可愛い^^
でも歩いて近づくと、ささっとさりげなく逃げられる・・・
怖がりなんだね。
「怖がりだけど、気はとっても優しくて、人を襲ったりしないんだよ」

毛もきれいで、触ってみたらすごくフカフカで暖かい~

首を動かしたり、ほかのアルパカに寄り添ったり、ちょっとずつ動いていました。
アルパカがいっぱい!
「色がついている毛よりも、白い毛のアルパカのほうが、セーターなどを作る時に毛を染められるから、高級品とされているんだ」

オーナーさんとアルパカ話や世間話をしながら、アルパカを眺めていたらとっても癒される気分でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ニュージーランドのアルパカ牧場

ニュージーランドで歯医者

ニュージーランドで歯医者にはじめて行ってきたんだ。

日本に一時帰国したときに、いつも歯の検査&治療をしているんだけど・・・
今回は、日本からニュージーランドへ戻ってきたばっかりなのに銀のつめものがとれた><
さすがに1年以上放置するわけにはいかないので、しょうがなくニュージーランドで初歯医者さんへ行く事に・・・。

友達がずっとクライストチャーチで通っていた歯医者さんを紹介してもらって、さっそく電話してみることにしたよ。
でも海外での歯医者経験がないから、専門用語が分からない。

銀のつめものって、silvery stuffとか?_?;一応マーガレットに単語を確認してから電話したよ。
I have had a filling drop out. Could I get replaced please?
フィリングでいいんだねー。

ニュージーランドの歯医者は、日本よりはるかに治療代が高いし、保険もきかないことで有名。
でもキウイが「その歯医者初めていくなら、歯の検査されたり、レントゲンなどをとられて、よりお金かかっちゃうかも」というので、さらに電話で
I've had a recent check up, just want a filling done みたいな感じで伝えといたよ。

今までずっと慣れ親しんだ歯医者さんでなく、しかも海外だから、行く前にだんだん不安になってきた・・・
ただ詰め物が取れただけだから大丈夫なはずというのは分かってるんだけどね^^;

そして昨日、仕事のランチタイムを利用して歯医者さんまで行ってきたよ。

ちょっと高級な雰囲気。
建物はとってもキレイ。

入ってすぐの受付で、とてもフレンドリーな人がここに座ってねー^^と案内してくれて、A4用紙2枚分のアンケート用紙を渡された。

レストランみたいに、自由に飲めるお水まで用意されてたよ。

アンケート用紙はとっくに記入して、予約時間になってもなかなか順番がまわってこない。

どうやら、お医者さんと患者さんたちの話が盛り上がってるみたいで、ずっと楽しそうな話声が。
こんなところがニュージーランドだと思ったよ。
フレンドリーそうな先生でよかった!

前の人が診察室から出てきたところで、先生が待合室まで来てくれた。
「ナオコで名前の発音あってるかな?^^ ドクターです、よろしく!」
すごく良さそうな印象で安心。
銀のつめものがとれただけだけど、まずちょっとした応接間に連れていかれて、ドクターがゆっくり話を聞いてくれたよ。
ここで最近歯のチェックは済ませた事を強調。

日本だと、患者さんが15分おきにどんどん来たりするから、先生がいちいち出てきて別室で話を聞くなんてないよね。先生と話していたら和んできたw

先生「実はね、今日トラブルがあって・・・いつも私の助手をしてくれている女性が急用で来れなくなっちゃってさ。今日は急きょ、受け付け担当がなんとか助手してくれてるんだけど、全く助手やったことないからちょっとドタバタしてるんだよー」

大変ですねーといいながら診察室に2人で移動したら、その普段は受け付け担当だけど今日だけ緊急の助手をやっている人がまだ準備をしてたの。
先生「あれ、まだ準備終わらない?」
普段うけつけの人「なれないもので^^;;」
先生「じゃー私も手伝おうかな!銀のトレイ向こうからもってくるわー」
先生が遠くから銀のトレイをまるでレストランのウエイターのように持ってきて「ご注文は何にしますか?^^」とかジョークまで。

すっかり緊張もとけて、診察台に寝転がって銀のとれた詰め物を渡したら「わー日本のやつだ!日本はみんなこういうのだよね!」って話してたよ。
聞いてみたら、ニュージーランドとは違う感じがする。プリティーだねー。とかいってたけど、どう違うんだろう??

この取れたものを詰め直すということで、全く痛みはなく、楽に治療が終了。

普段は受け付けの人が、なんとか助手やっていたから
先生「(専門用語)道具とってー」
「え、これ?こっち?こっちのたなだっけ?」
先生「右の上から2番目!違う!それじゃない!もういい、棚ごとちょうだい!」  とか、

先生「早くー今もう作業中だから頼むよ」
「先生どれかわかりません、これ?これ?どれ?!」
先生「プリーズ!こっち!いや、そっち!ちがうちがう、いや、トレイごとちょうだい!」

とかドタバタしていてコメディーみたいで楽しかったw

治療が終わるころには、本物の助手さんがあわてて出勤してきて、頑張った受付の人は「よくやった!」と拍手されてたよ。

治療が終わったから、診察台から降りようとしたら、私のラジオ局での仕事の話になって、そのまま盛り上がって10分くらい診察室で話しこんでたw
先生の娘さんが同じマスコミ業界だよ、TVNZで働いててジャーナリストで・・・TVONEによく出てる・・というから、よく聞いてみると、私も少し話した事はある知ってる人だったの。
それで、TVNZといえばジャックって知ってる?みたいな意外なつながりがあって、元うちの放送局でDJしていたニックも患者さんなんだとか。

すっかり友達のような暖かい雰囲気のまま、会計へ。
銀のつめものを、取れたものをそのままつけなおすだけで185ドル
1ニュージーランドドル=約70円として、1万3千円くらい。
もし銀のつめもの無くしたらいくらかかってたんだろう・・・TT
放送局でこの値段をいったら、みんな「ああーそれくらいですんで良かったね^^ そんなもんじゃん」っていってたよ。

帰り際に、歯医者さんの電話番号が入ったペンと名刺をもらった。
次の患者さんが入ってきて、家族はどう?みんな元気?あの話どうなった?ともう世間話が始まっていた・。・

値段は本当に高いけど、こんなに楽しいならまた必要な時には来たいかな?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ニュージーランドで歯医者

Home

ニュージーランド旅行・留学
最新の記事
最近のコメント
Facebook
カレンダー
« 2017 年 10月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ニュージーランド航空
月別

トップに戻る