ニュージーランド移住10年目。ラジオ局での仕事、留学会社運営していてのあれこれ

  1. クライストチャーチ

クライストチャーチの週末情報

リカトンハウスのファーマーズマーケット、土曜日に開催

クライストチャーチの最初の開拓者、ディーン兄弟が建てたリカトンハウス。クライストチャーチで初めて立った家がここにあって、このエリアの歴史を語るには重要な場所です。
家の中でクライストチャーチの歴史を学ぶツアーもあって、何もないこの土地を開拓していったイギリスからの移民の話は興味深く、2回ツアーに参加したことがありました。
リカトンハウスは今も残っており、その周りには原生林(リカトンブッシュ)が保存されています。

このリカトンハウス&ブッシュでは、毎週土曜日にファーマーズマーケットも開催されてるんだ。

現在のリカトンハウス
ニュージーランド地震 リカトンハウス
昨年9月の地震で被害が出て修復中だったけど、2月22日の地震でさらなる被害が出て、黄色い紙が貼られていた。
少しひび割れも見られたけど、全体的にみると崩れてきそうではなかったよ。

リカトンハウスのドアの前に立てかけてあったホワイトボード
ニュージーランド地震 リカトンハウス
今週土曜日朝9時から12時まで、ファーマーズマーケットが開催される!!
地元の人たちにおなじみの美味しい食べ物中心のマーケットなんだ。

主催の方に聞いてみると、「先週も小さい規模だけどやったのよ。でも明日はもっと出店が増える予定。お友達にもいっぱい伝えてね!」って。
リカトン周辺は中心地からそんなに離れているわけではないけど、被害が意外に少なかった地域だから、ショッピングモールも開いていたり、全体的に日常が戻っている感じがします。

国鳥KIWIに会える動物園Willowbankが入場無料

クライストチャーチ国際空港の近くにWillowbankという動物園があります。ニュージーランドの国鳥キーウィが多く見ることのできる場所で、地元の人にも観光客にも人気。
この動物園が3月6日(日)まで入場料無料(募金)で解放されています。

市内中心の立ち入り禁止区域が日曜に縮小

現在は、4アベニューに囲まれた地域が立ち入り禁止区域になってるけど、Zone1~4、Red Zone、No Accessに分かれて、Zone1~4は順次開放されていきます。まずは、今週の日曜日にZone1,2が解放されます。私の家は、残念ながらこのZoneではないけど、解放予定の地域に入っているから良かったです!
ちなみに私の職場はレッドゾーン…見た目は大丈夫なストリートだけど、ハイストリートが近いからかな…
ニュージーランド地震 クライストチャーチ立ち入り禁止区域
今緑の部分も含めて、厳重に立ち入り禁止になっていてとても不便。これから順にグリーンの部分を解放していくんだとか。開けるスケジュールについては、これからまた発表があるそうです。

クライストチャーチの最近記事

  1. ニュージーランドで栗ひろい

  2. 尺八奏者き乃はちさんとディナー

  3. ニュージーランド航空の無料航空券が当たるキャンペーン

  4. クライストチャーチの現状【2019年】

  5. クライストチャーチの「Kinji」で日本食

関連記事

コメント

    • 2011年 3月 05日

    ナオコさん、お久しぶりです。お互い無事でなにより。
    今はクィーンズタウンに来ています。娘もクライストチャーチが落ち着くまで、ここの小学校に通います。この小学校でも30人くらいの生徒がクライストチャーチから来たそうです。
    そういった生徒の受け入れがすんなりできるというのがこの国の良さでもある、それを再確認できました。

    ナオコさんの記事は、恐怖に囚われていない人が書いている、偏らない情報という感じで非常に好感が持てます。
    災害の現場を見続けるというのは精神的にも辛いことがあると思いますが、頑張ってください。
    応援してます。
    押忍。

    • ikuyoラン
    • 2011年 3月 05日

    Naokoさんちは、ゾーン3でしたよね?早く安全が確認されて開放されるといいですね。
    日本の神戸では、「1995年阪神淡路大震災の時の友情を感謝して」と題して集めた募金をクライストチャーチ市の銀行口座へ送金される予定だそうです。
    詳しくは以下
    http://nzsocietykansai.com/

  1. >聖さん
    聖さんお久しぶりです!お互いに無事で本当になにより・・・!
    すぐにクイーンズタウンの小学校で受け入れてくれたなんて嬉しいですね。私も3月中旬に1週間ほどオークランドに行ってきた時、空港でクライストチャーチから来たのかと赤十字の人たちに話しかけられて、無料のアコモデーションをオファーできるなどいろいろ声をかけてくれました。
    こうやって他の都市でもできるだけクライストチャーチのために出来ることがあれば・・・と行動してくださる方がいることに感謝です。
    オークランドに車で入ってからも「クライストチャーチのために車のクラクションを鳴らせ!」って書いた紙を持っている人たちが道沿いにいて、何かと思ったら若い人たちが家の前でテント生活してた・・・!
    いくつもの車がクラクションを鳴らしてて驚きました。
    お互い、いろいろ大変なこともあるかと思いますが頑張りましょう!!押忍!!!

    >ikuyoランさん
    うちはようやく開放されて本当に嬉しいです。あの最初の3週間くらいは、本当に不便でした。
    今も近所の人たちが引っ越していく姿を見るけれど、今の所3,4件は同じアパートに住んでいそうな感じです。
    リンク拝見しました!こんなことがあったんですね。教えてくれてありがとうです!!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 ニュージーランドの現地留学会社 

facebook



ニュージーランド語学留学情報
PAGE TOP