ニュージーランド移住10年目。ラジオ局での仕事、留学会社運営していてのあれこれ

  1. クライストチャーチ

ニュージーランドでの日本の地震報道など

ニュージーランド南島クライストチャーチで地震が起きてからまだ2週間半で、日本でマグニチュード9.0の大震災…信じられないです。地球で何が起こってもおかしくないと思ってしまいます。
クライストチャーチ地震では被害の大きかった地域は海に近いエリアからシティ中心地までと限定されていて、反対側のエリアは被害が少なかった。
でも日本の強震では東北でも関東でも広範囲で起こっているなんて…
私は関東に住んでる家族にはとりあえずE-mailで当日安全が確認できたので安心しました。

ニュージーランドのニュースでも日本の地震についてひっきりなしに報道しています。
テレビではずっと地震直後の津波と翌日の様子、原発の映像が交互に流れていて、新しい映像が見られません。
避難されている方は大丈夫なのか、生活レベルでの情報やどの県がどの程度の被害なのかなど知りたいことはいっぱい…
ニュースでは耐震技術のとても優れた日本だからこそ、地震での東京などでの被害はこの程度で済んだのではないか、日本は地震が多い分地震対策が進んでいる国だとも報道されていました。

ニュージーランドでも津波警報が出て、被害は全く無かったみたいですが小さな津波が来ました。
昨夜からは、福島第一原発についても多く報道されています。
ニュージーランドでは原子力発電所が無くても人口約400万人の電気を供給することができてる(6割が水力発電)からより関心が高まっているのかも…

それにしてもニュージーランドの週末はニュース番組がとても少ない!(平日はもっとニュース番組もあるんだけどね)
日本の地震前はニュースの多くはクライストチャーチ地震の話題だったけど、今は日本の地震についてがほとんど。

ニュージーランドのジョン・キー首相は12日、日本の要請を受けて、総勢54人の災害救助隊を2陣に分けて日本へ派遣すると発表。
日本にはニュージーランド人も多く滞在しているから、心配されています。
それに大地震を経験したばかりのクライストチャーチの人たちにとって、日本の地震は全く他人事ではなくて、自分の国のことのように心を痛めてます。

クライストチャーチの現況としては...
-市内の歴史的建造物1666件がチェックされ、そのうち844件にレッドタグが貼られました。
赤い紙が貼られるということは、建物の損傷がひどく、倒壊の危険性もあるということ。立ち入り禁止で、よくフェンスで囲まれています。
ニュージーランド地震
町のあちこちでフェンスに囲まれた歴史的建造物が見られる
そのうちいくつかのフェンスには、願いを込めたメッセージが貼ってあったり花が置かれています。
写真のメッセージカードにはこんな言葉が・・・
Christchurch will be back, stronger than ever!
We are all in this together, Christchurch, we love you!
Kia Kaha Christchurch!

-クライストチャーチの84%でトイレを流すことができるようになりました。まだ流せないところではChemical toiletが配られています。
市街中心部の立ち入り制限区域以外ではほぼ電気が戻り、水も94%回復しました。引き続き沸騰させる必要有り。
(水の復旧作業が続いている地域: Dallington、Avonside、Avondale、West New Brighton)

-巨木の近くを歩くときには、地震で根がしっかりしていないものもあるので気を付けて下さい。 

-市内6か所でシャワーを浴びれるようになりました。場所は…
  Cowles Stadium: Pages Road
  Wilding Park: Woodham Road
  Avondale Golf Course: Cnr of Wainoni and Avondale Road
  New Brighton: Cnr of Hawke Street and Shaw Avenue
  South New Brighton Motor Camp: Estuary Road
  Shirley Rugby Club: New Brighton Road and Cresswell Ave
毎日、朝7時~夜7時の間シャワーが浴びれます。

クライストチャーチの最近記事

  1. クライストチャーチの週末は港町リトルトンのマーケットへ

  2. ニュージーランドで栗ひろい

  3. 尺八奏者き乃はちさんとディナー

  4. ニュージーランド航空の無料航空券が当たるキャンペーン

  5. クライストチャーチの現状【2019年】

関連記事

コメント

    • rugzymoo
    • 2011年 3月 14日

    日本、ニュージーランド、ともに復興を目指しましょう。

    • YAMATO
    • 2011年 3月 14日

    Naokoさん 私は東北の福島市に住んでいます。地震発生時は勤務する小学校にいました。信じられないほど校舎が揺れました。波打つように・・・風雪の寒い校庭でなすすべもなく励ましあいました。少しずつライフラインは戻っていますが、水とガソリンがとてもとても不足しています。そして、ご承知の通り原発の停止などの緊急対応により、日本規模で意図的停電などが始まっています。NZの知り合いとも今日やっと繋がれました。各国からの温かな支援にも涙が出ます。東北の私たちも元気を出しますから共に生き抜きましょう!!

    • Makki
    • 2011年 3月 14日

    日本の NHK が地震情報を USTREAM 配信しています。ご参考まで。
    (もしも上2件と重複したら削除してください。)

    • Takashi
    • 2011年 3月 15日

    今日、クライストチャーチから日本(東京)に戻ってきました。
    クライストチャーチにホストファザーを励ましに行ったのに、
    その最中に日本でこんな大きな地震が起きるなんて。
    逆にNZの方々から心配、励ましをいただきました。
    そんなNZの方々に感謝します。

    • yukikonp
    • 2011年 3月 15日

    Add Your Comment  昨年9月の地震からNaokoさんのブログを拝見しています。日本のニュースでは分からない現地の事を色々知る事ができ、徐々に落ち着きを取り戻されている街の様子に少し安堵しています。
    日本で起きてしまった東北関東大震災は,日が経つにつれ、本当に大きな被害が分かってきています。いったい何人の方が被災されているのか、ニュースのたびに犠牲者と安否不明者が増えていきます。その上、福島第一原発の放射物質もれ(説明を聞いても良く分からない)も始まったみたいです。半径20km以内にまだ残っておられる方々の被爆も心配です。
    被災された方々のこれからの生活の事など、本当に心が塞がる思いです。私もとても微力ですが、つもり貯金を始めました。食べたつもり、買ったつもりで少しづつ空き瓶に貯めて被災地に送りたいと思っています。私はお金持ちではありませんが、少しでも助けになりたいと思っています。何とか前向きに頑張って欲しいと思っています。

    • Makki
    • 2011年 3月 16日

    世界から日本を応援する人々のためのブログをご紹介します。
    http://msgforjapan.blog69.fc2.com/

  1. >rugzymooさん
    本当ですね、少しずつ日本もニュージーランドも、元の生活に戻っていきたいですね!!

    >YAMATOさん
    東北に住んでいらっしゃったんですね、とても怖い思いをされたことかと思います。
    加えて寒さは辛いですよね・・・

    YAMATOさんの方がずっと大変だとは思いますが、お互いに、大変ですが出来ることから頑張っていきたいですね!!

    >Makkiさん
    ありがとうございます!日本のNHKがリアルタイムで見られるのにはとても助かりました。
    しばらくして終了してしまい残念でしたが、やはり日本のことは日本のテレビで見るのが一番分かりやすかったです。

    >Takashiさん
    本当に、こんなに短い間にクライストチャーチと東北、両方で地震があるなんて驚きましたよね・・・。
    どちらの地震でも、世界中から支援していただけたり、小さい地域単位でも、近所の人たちが助け合ったりと改めて人の温かさを感じています。

    >yukikonpさん
    日本の地震が心配で、毎日ニュースを見たり読んだりしています。確かに原発の説明は専門的で、素人である私たちに急に こういう仕組みで・・・と説明されてもよく分からないですよね><
    なんとなくああーとわかっても、実際に感覚がつかめないというか?
    最初に原発の説明を見たのが英語のニュースだったので、より?_?という感じでした・・・。

    本当に、私たちに出来ることを微力ながらやっていきたいですね!!

    • 大脇睦彦
    • 2011年 4月 12日

    Add Your Comment
    NAOKOさん、こんにちは。
    クライストチャーチで、日本赤十字社こころのケアチーム広報担当官としてお世話になりました大脇です。
    NAOKOさんのブログで私たちの活動やホットラインをご紹介をしていただき心から感謝申し上げます。
    こころのケアチームは3月21日で活動を終了し帰国いたしましたが、私ともう一人の二人は3月11日夕刻、NHKBSで東日本大震災の発生を知り、12日早朝クライストチャーチを発ってその日のうちに成田に降り立ちました。
    あれだけの揺れに見舞われたにもかかわらず、成田空港から東京に向けて鉄道を利用できたことは、さすが地震大国の復旧の速さだなと感心させられました。
    しかし、その後入った被災地の様子は想像を絶するものでした。チェルノヴィリ原発事故、阪神淡路大震災、スマトラ沖地震津波、能登半島地震、二度の中越地震と被災地を経験してきましたが、今回の被災地はどの災害よりも悲惨な状況です。巨大なミキサーの中に家や橋、港、オイルタンクや車などあらゆるものを放り込んでスイッチを入れたような状況です。何もかもが粉々になって積みあがっています。おまけに火災が発生して、炎に焼かれた金属の破片が真っ赤に錆を吹いています。いまだに多くの行方不明者のあることが最も悲惨です。
    ニュージーランドから救援隊が来てくれました。多額の義援金もお預かりしています。「がんばれ、日本!」と応援してくださっているすべての皆さん、そしてニュージーランドの皆さんに心から感謝申し上げます。
    私たち日本赤十字社こころのケアチームは、クライストチャーチで学ばさせていただいた経験を、今度は東日本大震災の被災地で生かすべく全力を尽くしてまいります。引き続き皆様のご支援をお願いいたします。
    いつになるかはわかりませんが、落ち着いたら、美しいクライストチャーチを再び訪れたいと思っています。
    皆さまもお元気で。
     
     
     
     

    • Naoko
    • 2011年 4月 25日

    >大脇さん

    こんにちは!3月にお会いできて本当にうれしかったです。私自身、地震で恐ろしい経験をしてから、強く心を持とうとしても、どうしてもストレスが高かったあの時に大脇さん達とお話でき、「不安になることも、怖いことも普通の反応なんだ」と分かったことはとても大きかったです。
    日本人の友達からも、ニュージーランド人の友達からも、とか疲れやすくて・・・とか悲しくて…とかその後相談を受けたけど、いただいた資料に書いてあったようにそれは正常な反応なんだよと教えてあげることも出来ました。

    赤十字こころのケアチームが、地球の反対側のニュージーランドまで来ていただけて本当に心強かったし、嬉しかったし、助かりました。ありがとうございます!!

    日本のニュースを見るたび、心がとても痛いです。
    東北でも、どうか頑張ってください。応援しています!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 ニュージーランドの現地留学会社 

facebook



ニュージーランド語学留学情報
PAGE TOP