ニュージーランド移住10年目。ラジオ局での仕事、留学会社運営していてのあれこれ

  1. クライストチャーチ

クライストチャーチ大聖堂の現状【NZ地震】

ニュージーランド南島・クライストチャーチで起こった大地震の続報です。
今日は、前日までと違い快晴で暖かい1日でした。

災害本部&メディアセンターとなっているアートギャラリーには、前日の倍以上の報道陣が待機していました。
ニュージーランド大地震
ニュージーランドの報道陣はもちろん、日本を含む世界各国からのメディアが集まっていました。

NHKからはすごい人数が!

知っているジャーナリストとも何人か再会できてうれしい。

時々、災害状況についての発表があります。
ニュージーランド大地震
クライストチャーチのボブパーカー市長や、警察、救助関係者が最新情報を伝える

この後、メディア対象に、立ち入り禁止区域にバスで連れて行ってくれるツアーに参加しました。
ニュージーランド大地震
ここは、コロンボストリート(Colombo St.)とグロースターストリート(Gloucester St.)の角にあるお土産屋さん。
この周辺は、お土産屋さんやレストランが並んでいました。

この交差点のコロンボストリートの北側(ビクトリアパーク側)。
重機が入って作業中
ここには、OKギフトショップとかNZポストとかあったけど、壁や屋根が落ちてひどいことに・・・
この通りは昼時は、人通りの多い場所です
重機が入って作業中

大聖堂広場にも来ました。
地震後、仕事場から家に帰る途中にココに寄ったんだ。
そのときは、半分パニックになってるっていうか、興奮して何が何だか分からなかったって感じだったんだけど、
改めて来てみて、本当に悲しくなりました。
ニュージーランド大地震
この大聖堂は、クライストチャーチのシンボルでもあり、私もシティ中心地に住んでるから
週の半分は、食後にここまで散歩に来てました。
夜のライトアップされたキレイな大聖堂を見てから帰る、このコースがすごく好きだったんだ。
地震の前日も夜にここまで散歩にきてたので、改めて落ち着いてからこの姿を見て、ただただ悲しくなりました...

ちょうどクライストチャーチは、フラワーフェスティバルの期間中だから、この大聖堂広場にだって人がいっぱいで
大聖堂の中にもいっぱいいたわけだよね。
ニュージーランド大地震
入り口の前には、先週末まで大聖堂の中にはフラワーカーペットがあって、それは終わったけど、大聖堂入り口にあるフラワーアーチはまだ残っていた。
観光客の多い時期で、地震があった時は大聖堂の中にも多くの人がいたんだとか・・・
現時点での発表では、ここには最大で22人がいまだに閉じ込められているそうです。

ここには、高くそびえた部分があって、私も2回登ったことがあったんだけど、上の部分が崩れ落ちている
ニュージーランド大地震
大聖堂前に停めてあった車がつぶれている

大聖堂広場の名物、巨大チェス。
ニュージーランド大地震
途中までで、急いで避難したんだろうね。

大聖堂前にある像は、台から落ちて壊れていました。
ニュージーランド大地震
この像って、なぜだかいつものように鳥が頭の上に乗ってました
以前、リカトンに住んでいた時は、毎日ここをキウイの友達と歩いて市街地まで通勤しながら、頭にカモメが乗ってるかいつも話してたんだ。

そんな像の無くなった台の上に寂しそうに鳥が乗っていました・・・・・・
ニュージーランド大地震

他にも救出作業が続くCTVビルディング(語学学校が入っていた)や、救出作業が続くパインゴールドコーポレーションも見てきたので、次の記事に続く・・・

クライストチャーチの最近記事

  1. ニュージーランドで栗ひろい

  2. 尺八奏者き乃はちさんとディナー

  3. ニュージーランド航空の無料航空券が当たるキャンペーン

  4. クライストチャーチの現状【2019年】

  5. クライストチャーチの「Kinji」で日本食

関連記事

コメント

    • Ryn
    • 2011年 2月 25日

    地震情報探していたら、ここにたどり着きました。
    情報みて、深刻さが伝わります。
    まだ、がれきの下には助けを待っている方々がいると、ニュースでも放送しておりました。
    本当に心配です。
    一刻も早く、救出される事を祈ります。
    mixiでこのページを紹介させていただきました。ご報告まで。
    ツイッターでもフォローさせていただきました。使用方法まだあまり分かりませんが
    少しずつ確認させて頂きます。
    Naokoさんも、お身体と、今後の余震などにも十分気をつけてください。

    • 松本 恵
    • 2011年 2月 25日

       日本から、おはようございます。  
    スーパーが開いていると聞くが、そこまで到着する事ができないのと、顔や体を拭く、ウェットティッシュが必要なものと聞かれれば、それで、あとは、キャンプグッズのようなものが役立つ、という事で、日本から出来る事。
    けして、皆さんに強制的な声名ではありません。空輸代・到着までの日にちも気にかかりますが、参考までに。
    もし、送る方がいらっしゃいましたら、私も含め、どこに宛先を記名すれば宜しいでしょうか?
    今日は、眠る事ができましたでしょうか?
    http://www.jp- network.japanpost.jp/services/post/airmail/index08.html
    EMS(国際スピード郵便)
    書類や荷物(30キログラムまで)を国際郵便の中で最優先のお取扱いとし、海外へお送りするサービスです。
    特徴

    お預かりした荷物をスピーディーに海外のお客さまにお届けします。
    さらにお急ぎの方に最適な、EMSタイムサーテンサービス・翌日配達サービスがあります。
    「国際郵便追跡サービス」から配達状況をご確認できます。
    差出数に応じて最大で23%の割引が受けられます。
    万一、配達中に大切な荷物がなくなったり、届かなかったりした場合には、最高200万円を限度とする実損額を賠償いたします。

    EMSタイムサーテンサービス・翌日配達サービス()
    香港、シンガポール、韓国、台湾および中国あてのEMSを指定された時間までに配達するサービスです。

    配達結果をファクシミリなどにてお届けします。
    万一、お約束の時間までに配達できなかった場合、追加料金をお返しします(不可抗力による場合を除きます)。

    ※補足:EMSタイムサーテンサービス・翌日配達サービスは、お引き受け可能な郵便局が東京都・大阪府の一部の郵便局に限られていますので、ご確認ください。

    国際郵便追跡サービス
    記録扱いにより確実にお届けするとともに、インターネットで配達状況をご確認いただけます。
    米国、中国、香港、韓国、オーストラリア、フランス、スペインあての郵便物のみ配達予定日の検索ができます。
    ※一部、追跡ができない国がございます。詳しくはこちらをご覧ください。

    損害賠償制度
    最高200万円を限度とする実損額を賠償いたします。
    損害賠償の詳細についてはこちらをご覧ください。


    お得な料金設定
    EMSなら、お得な料金で海外に荷物や書類をお送りいただけます。
    さらに荷物と書類を同時に送れるので、より便利です。
    割引の条件はこちらをご覧ください。

    お得な無料サービス
    集荷サービス、包装材サービス、送り状(ラベル)印字サービスなどの便利なサービスを無料で提供しています。
    詳しくは最寄りの郵便局へお尋ねください。』
    とのことです。日本郵便からの引用です。

    • 松本 恵
    • 2011年 2月 25日

    何度もすみません。 あともし、そちらに小包が届く事ができましたら、パークまで、それらを届けるボランティア等の方は、いらっしゃいますでしょうか?
    —~皆様への、参考までに~日本国際郵便からの、小包料金計算–
    ウェットティッシュを500gとして…
    ニュージーランド⇒EMS(国際スピード郵便)で発送
    ■料金⇒1500円
    ■お届け日数⇒3日
    ——————
    だそうです。

    • kiri
    • 2011年 2月 25日

    去年8月に日本に戻って来ていたので、9月と今回の地震は逃れました。
    ナオコさんの現地からの報道いつも拝見しています。的確な情報を伝えてくれてありがたいです。実は私一度会ったことありますよ。私が働いていたカフェにお客さんとして来ていらして、少し会話したことあります。
    私は6年クライストチャーチに住んでいたので、この映像や写真を見るととても悲しくなります・・・。幸いクライストチャーチに住んでいる親しい友達や、親戚は無事です。
    いつもテレビで報道を見ているので、また新しい情報などありましたら伝えてください。ご苦労様です。

    • 松本 恵
    • 2011年 2月 25日

    こんにちは。
    【NZへの郵便物規制について。】です。
    現時点、私の問い合わせした情報としては
    ■日本郵政⇒『災害本部&メディアセンター(報道陣が入れるという事は、郵便屋さんも入れる?っていう安易な考え;)付近の、配達可能な住所は、お答えできないのです』との事。
    ■EMS(国際スピード郵便)⇒『現時点の情報では、2/28までの現地までの配達規制がかかっており、また、28日から郵送ができるかというのも現時点では、情報が伝わっていない状態です。』

    通常の配達時間は、3日間ですが、28日から1週間後に規制が解除されたとして、現地で手に入れれるには、3/4~早くても、3/11・18・・・辺りでしょうか。 その辺りには、予想では、物資もボランティアや政府の方たちがやってるでしょうね。 ただ、水道やガス復旧までの不安があるので、ウエットティッシュくらいは、とか考え中。  コートを羽織っている方も居るそうなので、夜は冷え込むと予想されるので、毛布とか…
    とにかくもどかしく、こちらは情報を待て。の状態です。
    もし送るなら、ニュージーランドのポストオフィス宛の、局留めだそうです。
    規制はかかっているが、受付はしているそうです。郵便局で。
    今のところの情報でした。

    • Hideking
    • 2011年 2月 25日

    私も地震情報を検索してNaokoさんのサイトを訪れました。
    会社の後輩が新婚旅行でニュージーランドへ行っており心配していました。
    地震当日の夜に連絡があったので無事は確認できましたが、報道される町の様子は目を覆いたくなるような状況で、日本人に限らず、行方不明者の方々がとても心配です。
    被災者の一刻も早い救出と町の復興を願っています。

    • kaji
    • 2011年 2月 25日

    はじめまして。地震の情報を探していましたらたどり着きました。被災されて大変な中でのTVのリポートは、きちんと整理されたお話のされ方でTVの前の私たちは、被害の大きさや被災されたみなさんの生活の大変さが伝わってきました。特にお水についてお話をされる時に、本当に大変なんだ、と気を引き締めて聞いていました。今、ニュースやワイドショーを見ていたほとんどの日本人の記憶に残っていると思います。まだまだ余震などがあるそうですが、お体に気をつけてがんばってください。遠い日本の地からですが応援しています。

    • jio
    • 2011年 2月 25日

    大変な状況。子供がクライストチャーチに昨年3月から1年間の留学中であと1週間で日本へ帰国というところで、昨年の9月の地震に続いて被災。9月の際には、住居の所は侵入禁止区域にされ、10日間住居に戻れず、4日間子供と連絡がとれませんでした。子供はその間、ホームレス状態。でも尚子さんのこのホームページを知っていたので、これをまったく知らない現地の人のパソコンを借りて見て、どこへ行けば水が飲めるか、どこへ行けば治療が受けられるか助かったそうです。今回はさらにひどい状況に。また住居のあるエリアは侵入禁止。無事に帰ってきてほしい。
    尚子さんの報告がどんなに勇気づけられるか。頑張ってください。そうガーデンシティなんだから。

  1. クライストチャーチからの情報を探していました。
    ブログにリンクさせていただきます。よろしくお願いします。

    • Naoko
    • 2011年 3月 07日

    >Rynさん
    こんにちは!ミクシーで紹介していただいて嬉しいです。
    クライストチャーチの現状を毎日少しずつでも伝えていきたいと思っています。

    ツイッターも、慣れるまでは使い方になじめないけれど、慣れたらとても楽しいです^^
    私ももっと落ち着いてきたらいろいろからみます(笑)

    松本 恵さん
    いつもいろんな情報をありがとうです!
    スーパーマーケットも開いているし、ショッピングモールも開いてるので必要な物資を揃えることが出来る状態でうれしいです。
    ニュージーランドの人口は少ないけれど復興に大金がかかるということで、募金していただければ助かります、本当にお気持ちうれしいです。ありがとうございます!!

    Hidekingさん
    今回の地震は大変なものですが、もう危険な建物は全部壊れたので、これからは安全で新しい新生クライストチャーチへ変わっていきます。
    今までと明らかに景色は変わりますが、市長が言っていたように安全で素敵な新生クライストチャーチになりますので、ぜひまたいつかクライストチャーチに遊びにきてください!!

    kajiさん
    クライストチャーチで地震があった直後、第一報をブログに投稿した時には、震える手でまだ動揺したままありのままの気持ちを投稿したのを今でも覚えています・・・。
    その直後たくさんの日本のメディアから問い合わせをいただいて、現状を伝えようとできるだけお話させていただきました。そんな風に言っていただいて嬉しいです。ありがとうございます!

    jioさん

    1年間の留学の最期の1週間で震災にあったなんて驚きですよね。私地震も、大地震があるなら日本というイメージで、まさかニュージーランドで・・・と思ったのが9月。そのあともうおさまってきたと誰もが信じていたのに、前回の地震は避難訓練だったようにすら思ってしまうほどの、今回のもっと強い地震・・・とても驚きました。
    10日間も住居に戻れなかったなんて本当に本当に大変な思いをされたと思います。
    今でもクライストチャーチは復興というよりは、1日1日を頑張って過ごしている感じです。
    一刻も早く安全が確認されたあと、進入禁止区域を解放してほしいですね。

    私も立ち入り禁止区域にすんでるのでとても不便です。これからも毎日出来る範囲でレポートしていきたいです。

    >ひつじさん
    ブログにリンクしていただいてありがとうございます!ブログ拝見&ツイッターフォローさせていただきました。写真を多く使った楽しい日常の他、クライストチャーチの情報も発信してくださってありがとうです!
    一緒にクライストチャーチの情報を伝えていきたいですね!こちらこそ宜しくお願いします。
     

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 ニュージーランドの現地留学会社 

facebook



ニュージーランド語学留学情報
PAGE TOP