ニュージーランド移住10年目。ラジオ局での仕事、留学会社運営していてのあれこれ

  1. クライストチャーチ

クライストチャーチ地震・昨日の市街地の様子、CTVビルなど

ニュージーランド南島のクライストチャーチ大地震。昨日メディア向けに、バスで市街地の立ち入り禁止区域内を周った話の続きです。

Colombo St.とGloucester St.の角にあるMum'sという韓国/日本食レストランの前
Mum'sの前にあった車
ビルの上の看板が落ちてきて突き刺ささり、レンガも瓦礫も落ちて車がつぶされていた

マンチェスターストリートのエイボン川沿いにある、パイン・ゴールド・コーポレーション(Pyne Gould Corporation)の建物では、救出作業が続いています。
パイン・ゴールド・コーポレーション(Pyne Gould Corporation)
私の家からも3、400m位しかなくて歩いて仕事に行くときはこのすぐ横のマンチェスターストリートを通ってました。
この建物の前には、レストランRetourがあって、今度行ってみたいねーって話していたのに・・・
このレストランはどうなってるのか分からなかったけど、こっちの建物は本当に悲惨な状況でした。
未だに多くの人達が中に取り残されていて、必死に救助活動が行われています。

エイボン川。普段は透明な水のキレイな川何だけど、吹き出した水とかが川に流れ込んでいるからか、濁っていた
ニュージーランド大地震
普段だったら、昼時にはこの川の両脇の芝生とかで周辺のオフィスで働くビジネスマンが食事や休憩したりする場所。

そして最後に行ったのが、語学学校キングスエデュケーションの入っていたCTVビルディング。
私の職場のプレインズFMはこの建物から300mくらいのところにあって、この建物の前のマドラスストリートを通って毎日帰っていました。
前回9月の地震でヒビが入って立ち入り禁止になった建物が幾つもあったけど、CTVビルディングは問題なかったのに・・・
地震発生から数十分後、徒歩で避難して帰宅する途中に見たCTVビルディング
ニュージーランド大地震
このときは煙が上がっていて、救助車がまだ来る前でした。
みんな必死に救助車を呼び入れて、助けるように叫んでるところだった。

で、これが24日(昨日)午後3時頃に行った時のCTV
ニュージーランド大地震
まだ少し煙がでていた。
必死に救助作業が続いています。

クライストチャーチの最近記事

  1. ニュージーランドで栗ひろい

  2. 尺八奏者き乃はちさんとディナー

  3. ニュージーランド航空の無料航空券が当たるキャンペーン

  4. クライストチャーチの現状【2019年】

  5. クライストチャーチの「Kinji」で日本食

関連記事

コメント

    • さとちゃん
    • 2011年 2月 26日

    毎日、地震のニュースを見ていて何とも言えない気持ちでいっぱいです。21日まで新婚旅行でニュージーランドに行っていました。大聖堂の近くに宿泊していたし、大聖堂も見てきました。すごく、良い雰囲気で楽しかったのに、まさか地震でこんな事になるなんて信じられません。ホテルやお店には日本人スタッフがたくさんいて、その人達はどうしているか心配です。とにかく、みんな無事でいて欲しい。ただそれだけです・・・。

    • フラッコ
    • 2011年 2月 26日

    Naokoさん
    毎回詳細な情報、ありがとうございます。
    Naokoさんから次々に載せていただく頂く情報ももちろんですが、今日見た
    ニュースではチャーチの地元紙(プレス紙)も震災後も絶えることなく発行を
    続けていると聞いて、チャーチの皆さんの力強さに頭が下がります。
     
    日本をはじめ各国の救助隊の皆さんも不眠不休で活動を続けて頂いている
    様子を見て、世界では色々あるけれどやはり最後は人の優しさなどを感じます。
     
    日本に居てテレビを見ながら皆さんの無事、一刻も早い救出を祈るしか
    できず歯がゆいところもありますが、何かの力添えができればと思います。
     
    Naokoさんご自身の生活も不自由が続いている様子、お身体ご自愛下さい。

    • TESTU
    • 2011年 2月 26日

    現地の状況がよくわかります。
    なにもお力になれないことが悔しいですが
    ひと時でも早い不明者の発見と1日でも早い復興を願っています。
    お体にお気お付けくださいね。

    • 松本 恵
    • 2011年 2月 26日

    おはようございます。そして、今日も体が無事でなにより!
    神戸の復旧は、目ざましいものでした^^
    いま、貴女と・世界の皆さんが一斉に動いておりますね。
    Naokoさん、割れた石を目にしても、マイペース・辛いですが、口角を上げると、脳が少しでも楽しいと思う物質がでるらしいので^^; の気持ちを思い出し、ごゆっくりできたら。^^
    言われなくても分かってるよ、アーホっ!…ってね。笑
    現地の方達に邪魔に成らない様になったら、お金を貯めて、ニュージーランドへ、行こうと決めてみました。

    • チャーリー
    • 2011年 2月 26日

    地震が起こってから、貴女のブログを見つけ、逐一拝見させていただいています。今も尚CTVビル崩壊現場にてお知り合いの娘さんが見つかっておりません。皆、心が折れそうなほど心配している状況です。たぶん、富山県の人すべてがその思いだと思います。吉報を待ちつつも早5日目となり・・・。そちらの皆様も体調に気をつけて頑張っていただきたく思います。Naokoさんも気をつけて。

    • 横山剛彦
    • 2011年 2月 26日

    never give up.
    we’ll always stay with u.

    • Naoko
    • 2011年 3月 09日

    >さとちゃんさん
    21日まで新婚旅行でいらっしゃったということは、前日ですよね!それは本当に驚きますよね。
    ましてや9月に大きな地震があったので、これ以上のものが来るとはだれも想像していなかったと思います。
    大聖堂広場はクライストチャーチ住民にとっても憩いの場で、愛着感じる場所だけに今回のことはショックですが、安全な新しいクライストチャーチに生まれ変わりますので、ぜひいつかまた遊びにきてください!!

    フラッコさん

    本当ですよね、THE PRESSのオフィスが崩れてしまったのに、発行が続いていてすごい!多くのビジネスが市街地にあるから、立ち入り禁止で入れないので即オフィスを移転して、事業をつづけているところも多くあります。
    みんなまだ生活も大変なのに働くのは大変だけど、そんな一人一人のおかげで街が動き出しています。

    TESTUさん

    ありがとうございます!クライストチャーチの現状が伝わってうれしいです。
    安全や健康に気をつけます!!

    松本 恵さん

    こんにちは、いつもコメントありがとうです^^ノ
    ぜひぜひ、いつかニュージーランドに、特にクライストチャーチに遊びに来てください!地元のひとたちはフレンドリーだし、普段はリラックスできる、ゆっくりとした空気が流れています。
    その頃には私もクライストチャーチの観光情報など発信していたいです。

    チャーリーさん

    本当に、CTVビルがテレビに映るたび、実際に見るたびに心が締め付けられる思いです。
    こんなことがもう起こらないように、しっかりと耐震基準などあげてほしいと思っています。
    私も体調に気をつけて頑張ります。

    横山剛彦さん

    あたたかいメッセージありがとうございます!!
    give upなんて出来ません。大好きなクライストチャーチが復興していく様子をこちらでお伝えしていきます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 ニュージーランドの現地留学会社 

facebook



ニュージーランド語学留学情報
PAGE TOP