ニュージーランド移住10年目。ラジオ局での仕事、留学会社運営していてのあれこれ

  1. クライストチャーチ

ニュージーランド地震から6日、クライストチャーチの今

ニュージーランドの南島クライストチャーチで2月22日に起きた大地震の続報です。
今日(27日)は快晴、最高気温は19度だけど日差しが強くて外にいると暑く感じる日でした。
ライフラインは82%の電気が復旧、65%の水が戻り、70%の医者がオープンしているけれど、学校は閉まっている状態です。

余震はかなりマシになってきました。でもクライストチャーチに住んでるみんなが知ってる通り、大きい余震って幾度となく来るよね。
去年9月にあった大きな地震のあと、定期的に大きい余震がきては、その後しばらく余震が増えたりの繰り返しだったから・・・
余震が減ってきても、また大きな地震が来るのが怖い。

現在も、市内中心地の4つのアベニューに囲まれた地域は立ち入り禁止の状態が続いており、入り口には軍の方やポリスが立っています。
禁止区域内の住人は入ることができるけど、出入りはかなり厳しくチェックされる。
住所の分かるものとIDを見せて、なぜ外に行くのか、どれくらいで戻るかなど聞かれてようやく出れます。
ニュージーランド地震 軍の装甲車
ところどころにこのような装甲車が停まってものものしい雰囲気。
上空には軍用機やヘリコプターも見ます。市内には液状化現象で出てきた泥が乾燥して風で砂ぼこりが舞っていて、歩くのも大変TT

専門家がチームを組んで、クライストチャーチ市内の建物をエリアごとにどんどんチェックしています。
チェックした後、下のような3種類の紙を建物の入口に貼っていくんだ。
(下の写真は去年9月の地震時に、見本として張り出されていたものです。今回も同じ紙が使われている様子)
ニュージーランド地震 建物の暫定審査
緑は大丈夫、黄色は危険かもしれない、赤は即時退去。
うちにもチェックが入ったようで、とりあえず緑が貼られてほっとしました。紙には「あくまで外見チェックをして重大な損傷が見られないというだけです。ちゃんとした検査を受けてください」という主旨のことが書いてあった。

メディアセンターとなっているアートギャラリーには、仮設テントもでき多くの取材陣が待機、新しい情報が出るのを待っています。
ニュージーランド地震メディアセンター
テントの中では地元メディア、世界中から来た記者達が記事を書いたり待機したりしている

ニュージーランド前首相のヘレン・クラーク(左)とPhil Goff労働党党首。写真には写っていないけど、国会議員のBrendon Burnsも同行していました。
Brendon Burnsは、クライストチャーチのMPでプレインズFMにもよく来てくれるんだ!
ヘレンクラーク元ニュージーランド首相
ヘレン・クラークは1999年から2008年11月までニュージーランドの首相を務め、今は国連で働いている方です。
国連から来たのではなく、一人のニュージーランド市民として来たのよ。って言ってました。

日本から来た外務省の徳永久志外務政務官の記者会見もありました。
今日から行方が分からない日本人の家族との個別の面談を始めたとのこと。
ニュージーランド地震
死者146人、日本人28人を含む200人が行方不明。
24時間態勢で頑張る日本の国際緊急援助隊を激励してきたところ。
日本の救助隊は、ニュージーランド政府から温かい食事や、冷え込んだ時には大型ストーブなどが支援されているなど日本人を中心としたお話でした。

メディアセンターからの帰り道、Moorehouse AveからAMIスタジアムが見えました。
ここから見た感じ、倒壊していない!遠くからみただけだから実際どうなのか分からないですが…今年の9月にはニュージーランドでラグビーワールドカップが開催されるということで、去年スタジアムの改装が終わってより多くの人を収容できるようになったところです。
ニュージーランド地震 ワールドカップ開催予定のクライストチャーチのAMIスタジアム
ニュージーランドといえばラグビー、クライストチャーチ市民の誰もが楽しみにしているイベントだからね。
でもワールドカップがクライストチャーチで開催されるのかどうか不安です。

クライストチャーチの最近記事

  1. クライストチャーチからアカロア旅行

  2. クライストチャーチ大聖堂広場にすごい中央図書館

  3. ハワイのPOKEボール専門店がオープン

  4. 満開!クライストチャーチの桜並木

  5. クライストチャーチに猫カフェcatnap cafeがオープン!

関連記事

コメント

    • rugzymoo
    • 2011年 2月 28日

    AMIスタジアムはグラウンドの液状化がヒドくて、改修するのに5ヶ月ぐらい掛かるのではないかと聞いています。ギリギリ、W杯に間に合うとか。
    今週末のクルセーダーズvsワラタス(豪州NSW州)との試合は、試合場所をネルソンに変更して行われるそうです。
    以上、日本のラグビー仲間からの情報です。

    • atsushi
    • 2011年 2月 28日

    naokoさんこんばんは。復旧に向けて着々って感じみたいですね。ブログを見てその様子がすごく良く伝わってきます。少しずつまた元の綺麗な街に戻ってほしいです。
    いまだ安否不明の日本の学生の方々や地元の方々、そして日本の救助隊や各国の救助隊の方々には本当に、本当に頑張ってほしいです!皆さんの無事を心から祈っています。
    ラグビーワールドカップは是非クライストチャーチで開催してほしいですね!開催することによって地元の方々の励みにもなると思いますので!私も日本から応援したいと思います!!

    • フラッコ
    • 2011年 2月 28日

    Naokoさん
    毎日ありがとうございます。お身体無理なさってませんか。
     
    余震がすごく不安な気持ち、とてもよく分かります。
    阪神大震災の時の私自身もそうでした・・・。(神戸より大分離れていたけど・・・)
     
    今年はW杯ですね。
    日本で活躍しているNZのラグビー選手が多いこともあって、今日(27日)の
    日本選手権決勝の会場でも義援金の募金が行われていたようです。
     
    みんなで支え合うときこそラグビーの精神「One For All, All for One」が
    すごく大切ですね。
     
    クルセイダーズの試合は何試合か会場が変更になるようですが、ぜひ
    皆さんを元気づけるためにもW杯は開催して欲しいですね。

    • Naoko
    • 2011年 3月 19日

    >rugzymooさん

    情報ありがとうです!結局ニュージーランドラグビーワールドカップのクライストチャーチの試合は他の都市に振り分けられることになってしまいましたねTT
    こんな時だからこそ、ワールドカップが街にきたら、どれだけ嬉しいか…でも宿も足りないだろうし分かるけれど…残念です。

    atsushiさん

    ありがとうございます!本当に、クライストチャーチが安全で美しい街に生まれ変わるのを楽しみに頑張っていきたいです。かなりの建物が壊れたので外観は確実に変わるけど、パワーアップした素敵な街になるってみんな信じています。ボブパーカー市長のリーダーシップもあるし…
    ラグビーワールドカップは残念だけど、確かに仕方ないという部分もありますよねTTそしてなんといっても日本のことが今は心配ですね…。

    フラッコ さん

    余震は今のところここ数日だいぶおさまってきました。ずっと体感震度4位のがきていたけど、今はそんなに大きいのが来ないし、頻繁でもないです。このまま収まればいいのですが。

    ワールドカップ、なんとか可能なら開催してほしかった!!ラグビー選手はニュージーランドの国民の憧れ、W杯が開催されたらそれはもう盛り上がりますよね。
    残念だけど、せめて大きいスクリーンでも設置して応援できるようなイベントをやってくれることに期待です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 ニュージーランドの現地留学会社 

facebook



ニュージーランド語学留学情報
PAGE TOP