ニュージーランド移住10年目。ラジオ局での仕事、留学会社運営していてのあれこれ

  1. 生活情報

ニュージーランドへ送った荷物が税関で足止め→たらい回し

日本からニュージーランドにEMS(国際スピード郵便)で小包を送ると、今まで4日ちょっとでクライストチャーチまで届いていた。

でも今回日本から送ってもらった荷物は、10日経っても届かず、実はオークランドのカスタム(税関)で8日間も足止めされていたことが判明

ニュージーランド郵便局に問い合わせたら「税関が混み合っているからもうちょっと待ってほしい」とのことだったけど…
これだけ足止めされていても連絡も来ない時点で、何かがおかしい?

今までの経験からの直感でこのまま待っていても、小包は来ない気がする。

そう感じて、もう一度NZ POSTに電話してみた。

もう一度ニュージーランド郵便局へ電話

NZ郵便局「オークランドの税関は混みあっているからね~
もう1週間は待って、何も連絡がないようであれば再度問い合わせてよ。」

いや、こんなに時間がかかっているなんて十分おかしいような?
そっちでもう少し調べてもらうことってできないの?

NZ郵便局「うーん…この荷物は、オークランドの税関に送られているから、郵便局としては何もできない。
税関に電話してみたら?
郵便局としてはこれ以上ヘルプできない」

電話

オークランドの税関へ電話

NZ郵便局に言われた通り、オークランドの税関に電話してみた。

NZ税関「税関で使うナンバーを教えて。」

国際郵便のトラッキングナンバーしかないんだけど…

NZ税関「それでは何も調べられません。税関では荷物のトラッキングはできない。」

ええ!郵便局にここに電話するように言われたから電話したのに。
話が通じそうな人だったから、今までのいきさつや、早く荷物を受け取りたいことなどを伝えた

NZ税関「海外からニュージーランドに荷物が届くと、まずNZ郵便局が荷物を受け取る。
問題ない荷物はそのまま配送されるが、
自己申告で400ドル以上の荷物は、横によけられる
そこから税関が審査して、必要に応じて税金の請求書を送付、支払われ次第荷物がリリースされる仕組みなんだ。」

え…

400ドル分も価値があるものは入れていないんだけど…

NZ税関「荷物の中身、送料、かけていればその保険料の合計が400ドルを超えていれば、ストレートに送られず、一度審査される」

送料も入れて400ドル!
EMSって送料それなりにするから、それなら記入した額が400ドル超えてしまっているかも。
日本から送る時に記入する内容物の値段、適当に書いちゃったんだよね…
実際はそんなにしなくても、そのせいで400ドル超えて、引っかかっているということ?

NZ税関「荷物が400ドル以下だと日本で記入していれば、問題なく届いていたはずだけどね~」

もし送料も含んだトータルが400ドル以下であればすでに荷物が届いていたことを考えると、適当に内容物の値段を書いてしまった事が悔やまれるTT

NZ税関「とにかくこの荷物の情報がまだ税関まで来ていないんだ。
こっちに送る前段階で止まっていると思われるから、郵便局に聞いてみたら?」

さっき郵便局に「税関に聞いてほしい」と言われたところなのに、税関は郵便局の部署だって言う。
これはニュージーランドでよくあるたらい回しじゃ…

オークランドの税関

ニュージーランド郵便局に3度目の電話

それぞれの問い合わせごとに電話が繋がるまでの待ち時間もあるし、いい加減に疲れてきた。

ニュージーランド郵便局に今日3度目の電話TT

NZ郵便局「うーん、こっちは税関に荷物があると言って、税関は郵便局が持っていると言っているのか…
こっちのコールセンターではこれ以上詳しいことは分からないんだよね。
とにかくあと一週間位待ってみてよ」

何かが絶対おかしいと思うから、フォローアップしてほしい…

郵便局「うーん、気持ちは分かるよ。
じゃあインターナショナル部門に電話をつなぐから、そこで聞いてみて。何かが分かるかもしれない」

NZ郵便局内のインターナショナル部門に電話

郵便局コールセンターに電話を保留にされて、待つこと20分。

やっと繋がって、トラッキングナンバーから始まって、再び事情を1から説明。

NZ郵便局インターナショナル部門「なるほど。何度も問い合わせしてもパっとした答えが返ってこなくて大変だね。
唯一できることがあるとしたら、NZ郵便局から税関へ振り分ける部門に直接Eメールで問い合わせること。
その際にこれまでの全ての話をメールに記載するとわかりやすいんじゃないかな。」

!!
Eメールじゃなくて、電話で話せないか聞いてみたけど、メールしかダメだって。

ニュージーランド郵便局担当部署にEメールを送信

何度も電話で同じ話を繰り返し説明した後で、次は文章に書いて送ってと言われて、どっと疲れが出てきた。
このメールを送ったら解決するのかもわからないけど、送るしかない。

ニュージーランドのあらゆる公共機関は話が通じず、役所仕事なことも多いよね。
海外在住だからこういった出来事は想定内とはいえ、今回はさすがに困った。
もちろんたまにいい担当者に当たるとすごくいい対応をされる事もあるんだけど…

「荷物がオークランドで止められている」だけではなく、「適当に内容物の値段を書いたら400ドルを超えていて、そのせいで税金がかかるかもしれない」というさらにトラブルに発展してきているけど、
まずは淡々とEメールで状況を説明して送るしか方法はなさそう。

NZブログランキング参加中! にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 この鳥の絵をクリックすると投票されてランキングが上がるから、クリックよろしくね。

生活情報の最近記事

  1. ニュージーランド式BBQ&韓国焼肉パーティー

  2. ニュージーランドの車に必要なREGO更新

  3. いくらが売ってる!@オークランド、クライストチャーチのスーパー

  4. ニュージーランドは今夜からサマータイム!

  5. 家を売るか貸すべきか…再び不動産会社に相談

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

 ニュージーランドの現地留学会社 

facebook



ニュージーランド語学留学情報
PAGE TOP