ニュージーランド移住10年目。ラジオ局での仕事、留学会社運営していてのあれこれ

  1. クライストチャーチ

先日久しぶりに開いたレッドゾーンの様子

クライストチャーチ中心地は、6月初めにレッドゾーンの北側が一部解放されて以来ずっと変化がなかったんだけど、先日久々に一部が解放されました!

場所は、Lichfield Street(Oxford Tce)とTuam Street、Durham Street、Colombo Streetで囲まれた区間の一部。
一区間の一部だからはっきり言ってそんな大きな変化はない・・・
でも見に行ったら、この場所にあるお店とかは片付けとかをしてたし、活性化していくために少しずつでも開いていってくれることが重要だよね。

新たに開いたレッドゾーン

コロンボストリート側のギリギリまで行ったところからの様子。

取り壊された建物も多いけど、まだそのまま残っている所も結構ある。
よく通ってた道だけど、まったく違う感じだから、何の店があったとかあまり思い出せないよね・・・

新しいバスイクスチェンジの予定地?
ここの広場が、先月発表された新しいバスイクスチェンジ(バスターミナル)になる予定の場所かな?
かなり広いし、ここぐらいしか見当たらなかったから、たぶんそうだよね。

この広場の向こう側は、取り壊している最中だったよ。
周りは急ピッチで取り壊し中!

クライストチャーチは、冬から春になってきました。
大きな余震や大雪で工事が何度も中断してるけど、徐々に暖かく&日も長くなるから工事もさらにスピードアップして、レッドゾーンがどんどん狭くなっていってくれるといいよね。

クライストチャーチの最近記事

  1. クライストチャーチの週末は港町リトルトンのマーケットへ

  2. ニュージーランドで栗ひろい

  3. 尺八奏者き乃はちさんとディナー

  4. ニュージーランド航空の無料航空券が当たるキャンペーン

  5. クライストチャーチの現状【2019年】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 ニュージーランドの現地留学会社 

facebook



ニュージーランド語学留学情報
PAGE TOP