ニュージーランド移住10年目。ラジオ局での仕事、留学会社運営していてのあれこれ

  1. ビザ関係、永住権

ニュージーランド渡航に必要なNZeTA導入

日本人は、今まで3か月以内のニュージーランド観光であればそのままパスポート持ってくるだけで入国出来たよね。

それが今年2019年10月1日から、NZeTAという通行許可の申請が必要になる!!

10月1日からは、たとえ3か月以内の観光、短期留学でもオンライン申請またはアプリでの申請をする

オーストラリアは長時間の飛行機乗り換えですらイータス(ETAS)と呼ばれる観光ビザの申請が必要だし、

アメリカもESTAという観光ビザの申請が必須。

カナダだって同じような制度だったから、ニュージーランドにも来ると思っていたけど、こんなに早く導入されるとはTT

今まで3か月以内のニュージーランド観光であれば手続きが不要だった日本も、申請対象。

詳しくはImmigration NZの公式ページをチェック。

ニュージーランド移民局の新しい観光ビザについてのページ

ここから日本語でざっくり要点を書いてみるね。

NZeTAを申請する必要のない人

学生ビザ、ワークビザなどニュージーランド渡航前に既に他のビザを持っている場合、NZeTAの申請の必要は無い

ということは私もニュージーランドの永住権を持っているから大丈夫か。

ニュージーランド人でニュージーランドパスポートで渡航する人、オーストラリア人でオーストラリアパスポートで渡航する人もNZeTA不要。

ニュージーランド航空 ドリームライナー

ニュージーランドのNZeTA申請費用

オンライン申請 12ニュージーランドドル

モバイルアプリで申請 9ニュージーランドドル

アプリで申請すると3ドルの節約に!

※一度申請すれば2年間有効、2年の間何度でも渡航できる

NZeTA申請に必要な期間

注意したいのが、申請から発行まで、最大72時間かかるということ。

あっニュージーランドも渡航するのに手続き必要か!ってあわてて空港から申請をしても、審査が間に合わず飛行機に間に合わなくなってしまったら大変。

航空券を取った時点で、余裕をもって申請したいところ。

※実際にすぐに出たという話もたくさん聞くと思うけど、最大の72時間かかる可能性もあるから、とにかく早めに終わらせるのがベター

3

ビザ申請と同時にIVL(観光税)もかかる

ニュージーランド入国前にNZeTA申請費用だけじゃなく、

NZeTA申請時、申請費用の支払いと同時にIVLという観光税35ニュージーランドドルも支払う。

専用スマホアプリが登場

ニュージーランドで初めて導入する制度だけど、これからスマホにダウンロードする申請用アプリが出来ること。

アプリから申請すれば数ドルの申請料の節約にもなる。

こういう作業の速さはさすがニュージーランド…!

※この記事はリンクを貼ったImmigration New Zealandのサイトから翻訳して書いているけど、詳しい情報はニュージーランド移民局公式サイトでしっかりと確認してね。英語だけどはっきりと書いてある。

NZブログランキング参加中! にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 この鳥の絵をクリックすると投票されてランキングが上がるから、クリックよろしくね。

ビザ関係、永住権の最近記事

  1. ニュージーランド渡航に必要なNZeTA導入

  2. ニュージーランド国内の移民局窓口が次々に閉鎖、オークランドまで!

  3. 明日受付開始!Silver Fern Job Search Work Visa

  4. パスポートにビザのステッカーが貼ってもらえない!

  5. NZのガーディアンビザがオンライン申請可能に!

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

 ニュージーランドの現地留学会社 

facebook



ニュージーランド語学留学情報
PAGE TOP