ニュージーランド移住10年目。ラジオ局での仕事、留学会社運営していてのあれこれ

  1. クライストチャーチ

クライストチャーチ住民に説明会:NZ地震

ニュージーランド南島クライストチャーチで大地震が発生してから12日経過。
電気が95%、水が81%まで復旧しました。でもシティーセンターや東側のエリアでは水や電気が戻っていない家も多いとか。

今日の大きな一歩は、市内中心部の東西2つのエリア(グリーンゾーン1と2)で立ち入り規制が解除されたこと!

まず、規制解除の6時間前に、グリーンゾーン1と2の住民やビジネスのオーナーが入って、そのあと一般公開される手順でした。
多くの人にとって2月22日の地震発生以来、はじめて家や職場の状態を見ることが出来るわけだったけど…
建物が壊れているから誰でも入れてしまう状態だったり、家に生存者がいないか確かめるためにドアを壊されて侵入されてたり・・・そんな状態だからセキュリティーが心配されています。

私の家があるゾーンはまだ規制区域内ですが、来週半ばには解放される予定とのことで期待しています!!

この立ち入り制限は、禁止区域内に家がある人や、ビジネスがある人にとってはやっかいもの><
ニュージーランド地震 制限区域
全ての入口に何人も警察や軍の人が立っていて、厳重に出入りが管理されています。
立ち入り禁止区域内にも、住民ならアクセス出来るところ、全くアクセス不可なところなど、建物や道路の状況によりまちまち。

封鎖された中心部への入口は連日変更され、ルールも常に変わっていて、入れたり、突然入れなくなったり、車は進入禁止になったり…
自分の家に毎日帰れるのかどうかも分からないなんて、とても不安だよね。

もちろん安全のために頑張ってくれていることは分かってる。でもどうしてこんなことになっているのか、住民からも疑問が上がっていました。
そんな今日から、エリアごとの住民説明会が始まったんだ!

いつもはテレビで情報を見ているだけの住民も、直接エリアごとの説明を聞いたり質問するチャンス。

CBD(封鎖されているクライストチャーチ中心部)の住民、ビジネスオーナー向けの説明会は、夕方4時からサウスハグレーパークで開催されました!(各エリアごとに時間差で各会場で開催された)
ニュージーランド地震 クライストチャーチ住民説明会
今日は天候が不安定で雨が降ったり止んだり。
日差しがきつい!でも吹く風は冷たい・・・

ボブパーカー市長が司会。テレビの記者会見でおなじみの手話のお姉さんも
ニュージーランド地震 クライストチャーチ住民説明会
毎日の生活に必要な、知りたい今の情報、これからのプランなどが発表されていきます。

・2週間も水が出ないような状態で、いまだに病気が蔓延したりしていないのは、クライストチャーチのみんな一人一人が気をつけているから。まだ水道のシステムが元に戻っていないので、これからも発表があるまでは水道水を沸騰させてから使ってください。歯を磨く時、手を洗う時もボイルした水を使って。

・電気も水も足りていないのでどうか節約してください。トイレを流せる状態なら、何回かに1回流す、電気もなるべく節約するようにして、みんなが使えるようにしましょう。

・もし建物を壊す時には、必ずオーナーに連絡をしてから作業に入ります。オーナーから各テナントに連絡するかどうかはオーナーにかかっています。

・立ち入り禁止区域内に車が置き去りになり、取りに行けない方も多いと思います。市では車を集めて安全な場所へ移動させ、車のオーナーの証拠やIDで確認したのち引き渡す予定です。

説明会で配布された資料
ニュージーランド地震 クライストチャーチ住民説明会
この中でも市街地のマップをエリア分けした紙が役に立つ!
今まではウエブサイト上の小さいマップを見ていただけだったので・・・A3サイズの紙に大きくカラーで印刷されているから書きこめて便利だよね。

一通り説明が終わった後、各自質問したい人のところへ行って直接質問してきました。
CBDは住民やビジネスに規制が多きすぎて、この制限区域の出入り、物をどう取りにいくのか、いつごろあくのかなどが焦点に。
それぞれのオフィサーに住民が殺到して、WHY!! WHY??!!と白熱する一面も。その一方で、いつもありがとうと行政に応援の声も上がっていた。

この説明会で、ボブパーカー市長の言葉が心に残りました。
「海外のメディアから「クライストチャーチは復興できるのか?」という質問もあるけど、それはニュージーランド人のことを、クライストチャーチの事をよく知らないからそんな質問が来るんだと思う。
クライストチャーチが復興??するに決まってるじゃないか!
たくさんの建物が壊れた。その分今後立つ建物は耐震基準に気をつけるし、あまり高いビルも立たなくなるだろう。
今までと明らかにクライストチャーチの見た目は変わる。
でも、もっと安全な、すてきな新しいクライストチャーチに生まれ変わるんだ。」という話をされていました。

クライストチャーチは絶対復興できると思っていてもやっぱり不安にもなります。
でも市長の話しはすごく力強く、みんなを勇気づけてくれる。
この話を聞いて、私も勇気づけられたし何だか嬉しくなりました。

クライストチャーチの最近記事

  1. クライストチャーチからアカロア旅行

  2. クライストチャーチ大聖堂広場にすごい中央図書館

  3. ハワイのPOKEボール専門店がオープン

  4. 満開!クライストチャーチの桜並木

  5. クライストチャーチに猫カフェcatnap cafeがオープン!

関連記事

コメント

    • めぐ
    • 2011年 3月 07日

    はじめてコメントさせていただきます。
     
    ご自身の生活を送るだけでも精一杯な毎日だと思うのに、
    こまめなブログの更新まで、本当に大変だと思います。
    私の友人がクライストチャーチ在住です。幸い無事は確認出来ましたが、
    頻繁に連絡が取れるわけでもなく、余震が続く中での生活がやはり気がかりです。
    ですので、こちらのブログで現地での状況を知る事が出来る事を本当にありがたく思ってます。
     
    そんな中、今回紹介されていた市長の言葉に心を打たれました。
    私も一度だけですが訪れた事のある街です。
    確かに姿かたちは変わるかもしれませんが、キウィの心意気は不滅です!
    またあの穏やかで、陽気で、暖かい空気に包まれた街を1日も早く取り戻せるよう心から祈ってます。
    Naokoさんもストレスの多い毎日で大変だと思います。
    どうかお身体、大切にしてください。
     
    クライストチャーチ、最高!!

    • リトルトン
    • 2011年 3月 07日

    ごぶさたしています。Naokoさんは地震以降、情報提供の為に寝る間をおしんで忙しくされていましたね。お疲れ様です。ブログの書き込みも多数あったので控えておりましたが、コメント数も落ち着いてきたみたいなので書き込みさせていただいてます。来週くらいにお住まいのエリアが開放されるのですね。待ち遠しいですね。エリアが徐々に開放されていったら復興へ向けてまた1つ踏み出せるのは嬉しい限りです。ライフラインも含めて元に戻るまでにしばらくかかりそうですが市長がおっしゃるように復興して新生クライストチャーチが誕生する日を楽しみにしています。新生クライストチャーチが誕生する前か後か解りませんが必ずクライストチャーチに訪れて、この目でその姿を見たいです。

    • ikuyo ラン
    • 2011年 3月 07日

    クライストチャーチは絶対復興できますよ!
    日本の神戸だって、あんなに打撃をうけたのに、がんばりました。
    私は、またがんばって復興したクライストチャーチを見に行きます!

    • 2011年 3月 07日

    ボブパーカーの話で勇気をもらっている人は多いと思う。
    この2回の地震の間、彼が市長でいるというのは何かしらの意味がある。
    ともすれば暗くなりがちな災害の現場で、明るく前向きに人に力を与える。
    真のリーダーシップとはこういうことを言うのだろう。

    • Naoko
    • 2011年 4月 04日

    >めぐさん

    温かいコメントありがとうです!ブログを書く元気がさらに出てきます(笑)!!
    日本のことも心配だけど、これを気に学んで、もっと安全な町になっていくと信じています。
    これからも、少しずつクライストチャーチが復興していく様子など伝えていけたらと思っています。
    私もクライストチャーチが、ニュージーランドが大好きなので、早く明るい都市に戻っていろいろ楽しい話題をお届けしたいです^^

    >リトルトンさん

    本当に、私の住んでいるエリアが開放されたときには嬉しかったです!
    それまで夜6時半以降は外出禁止だったのが解除されて、もう入り口でのIDチェックもない・・・開放感でいっぱいでした。(笑)
    こうやって少しずつだけど、数週間に1ゾーンずつでも開いていって少しずつ日常が戻ってくるのが嬉しいです。

    市長のリーダーシップがあるからこそ、なんだか新生クライストチャーチが楽しみにも思えてきます。
    まだ水も沸かさないと飲めない、大渋滞がシティーを中心に発生しているなど問題はあるけど、少しずつ進んでいるのがわかります。
    ぜひぜひ、いつかまたクライストチャーチに遊びにきてください^0^ノ

    >ikuyoランさん

    私もそう思います!!立派に復興した神戸のようにクライストチャーチにもステキな未来があるはず。
    ぜひ復興したクライストチャーチ、見に来てください^^ノ

    >聖さん
    私も同感です。ボブパーカー市長の言葉は心にすっと入ってくるというか・・・
    たまに政治家の話を聞くと、大丈夫なのかな・・・と思ってしまうこともあるけど、ボブパーカー市長の言葉は心がこもっていて勇気が出てくる!
    地震の後寝ないでずっと頑張っているに違いないですよね・・・!
    市長の指揮の元、いい方向に町が建て直されていくと信じています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 ニュージーランドの現地留学会社 

facebook



ニュージーランド語学留学情報
PAGE TOP