ニュージーランド移住10年目。ラジオ局での仕事、留学会社運営していてのあれこれ

  1. NZ留学

ニュージーランドの高校:ダーフィールド高校(Darfield High School)

ニュージーランド南島最大の都市クライストチャーチ市街地から車で40分の郊外にあるダーフィールド。

今日は、そこにあるDarfield High Schoolに、クオリティーニュージーランドから今度高校留学するY君とお母さんと下見に行ってきたんだ。

オークランドやクライストチャーチなどの都市部で高校留学もいいけど、もう少し郊外の学校にすればもっとアットホームな感じだから、実際に見てみたいってね。

せっかくの滞在だけど、ニュージーランドは広い範囲に渡って大雨で場所によっては洪水も!
天気が良ければ、もっと楽しめるのに~って残念><

でもクライストチャーチの町を少し出れば、すぐに馬や羊、牛にアルパカ!と動物もたくさん見れて感動!

車で楽しく話しながらダーフィールドへ向かった
ダーフィールド高校 クライストチャーチ
あいにくの雨だったけど、生徒はみんな元気!

Hi!と声をかけてくれたり笑顔で手をふってくれる

アットホームで現地の友達を作りやすいダーフィールドハイスクール

ニュージーランドの高校は選択科目が充実。
year11~year13(高校一年から三年にあたる)ではほとんどが選択科目を選べる。
数学、サイエンス、国語(英語)、歴史、地理などの他、経済学、ビジネス、会計、観光学、フードテクノロジー(調理実習)、服のデザインや制作、本格的な音楽、体育、ドラマ(演劇)、アウトドアエデュケーション(実際にキャンプなどに行って学ぶ)などなど…かなりの教科から選べるから興味があることを勉強できるのが嬉しい。

ダーフィールドでも豊富な科目から選択できるよ。

教科選択から、実際に選んだ科目があっていない時の変更など、希望にあった学習ができるように私からもサポートしているから大丈夫。

クライストチャーチ 高校留学
アート(美術)の授業中 絵をかいたり、フォトグラフィー(写真撮影)を学んだりと本格的

ダーフィールドハイスクールに来てみて、改めて郊外のアットホームさを感じた。
クライストチャーチから高速に乗って30~40分の郊外にあるだけあって、いい意味で田舎の良さというか。

高校っていっても、ニュージーランドでは一般的な教科にプラスして興味あることはもっと専門的に勉強出来る

例えば音楽一つとっても、ただみんな同じ内容をやるんじゃなくて、レベルに応じて高度な事が学べたり、楽器の個人レッスンを学校で受けたりも!
作詞、作曲してレコーディング、生徒の前でパフォーマンスをして単位がもらえたりする課題も。

ダンスやデザイン、演劇など、得意な科目もどんどん伸ばしていける環境だから、学校へ行くのが楽しくなる

ダーフィールド高校 クライストチャーチ
技術の授業

ガスボトルを再利用して、実際に使えるバーベキュー台を作成中。
本格的に溶接もして、しっかりと作っていく

やってることもかなり高度だし、危険なものも扱うから生徒も真剣。
ゴーカートを自作して、この前競争したところだと教えてもらった。

木工のクラスもレベルが高い!

ニュージーランドの高校 木工の授業
この鏡台も生徒の作品

良く見ると、キレイなカーブになってたり・・・デザインもステキ!
先生がデザインして、設計図を作って、生徒が完成させる。

先生は元ポリテク(国立専門学校)でウッドワークを教えてたって、確かにこれは専門学校レベルだよね!
たいてい作った作品は持って帰るけど、学校で売る場合は人気すぎて一瞬で無くなるんだって。

中学、高校留学生向けの英語レッスンESOL

留学生は最初から英語が話せるわけじゃないから、まずはESOLという英語のクラスを多く受講する
ESOL ニュージーランド 高校留学
まずは留学生だけの英語のクラスで英語を集中的に勉強

最初はこのESOLクラスと、体育や数学など英語力があまりいらない授業は地元の生徒と一緒のクラスに参加。
そのうち英語に自信がついてきたら、選べる教科の幅が広がっていく。
現地の生徒との教科が増えてからも、ESOLのクラスに参加して継続的に英語力も伸ばしていけるようになっている。

希望の教科が取れるかどうかは英語力とスキルに合わせて先生の判断。
本当に取りたい教科だったら、英語力が足りなくても交渉次第でとらせてくれることも。
ニュージーランドの高校は生徒のためになることだと思ったらフレキシブルに動いてくれる

ダーフィールド高校 図書館
図書館にはグループジグソーって・・・みんなで少しずつ完成させていくパズルが
Y君も見るところ見るところ、日本とニュージーランドの学校の違いに驚きつつも、留学生活が楽しみになってきたみたい!
スキー場にアクセスの良いダーフィールドハイスクールでは、冬には毎週スノボー学習にも行けるしね。

留学生だけでなく、地元の学生もみんなノリが良くって笑顔で話しかけてくれて...留学生でも溶けこみやすそうな雰囲気だったよ。

NZブログランキング参加中! にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 この鳥の絵をクリックすると投票されてランキングが上がるから、クリックよろしくね。

NZ留学の最近記事

  1. 1週間のゴルフ&英語短期留学

  2. 一年高校留学のお楽しみ、アクティビティーweek

  3. 丸暗記は無い!自ら学ぶニュージーランドの学習スタイル

  4. クライストチャーチ私立校St Margaret’s Collegeでの寮生活

  5. ニュージーランドの私立女子校ランギルル見学

関連記事

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • KU
    • 2013年 6月 18日

    私が滞在した10年前の話ですが、クライストチャーチの高校に日本人以上に韓国、台湾、タイからの留学生がたくさんいました。私達アジア系に対して嫌悪感を示す人と、普通に接してくれる人の差が大きくはっきりしてました。始めの数ヶ月通ったNewBrightonにある語学学校に今はクライストチャーチ郊外の農場地帯の高校に通ってるという元生徒の日本人の女の子が、差別なんて全然なくて、みんな優しいと教えてくれました。もしかしたらこの高校かもしれませんね。

  1. 今年は何件もクライストチャーチの高校にお邪魔していますが、そんな嫌悪感があるような印象は受けなかったですね・・・
    多くの高校は面倒見のいいニュージーランド人の生徒をバディーとして、その子がキウイの友達に紹介してくれたりして溶け込みやすいようになってたり、大学や語学学校と違って、高校生はまだ年齢が若いこともあり、インターナショナルの先生が出来るだけ良い環境になるように見てくれています。
    でも、もちろん完璧ではないので、そういうこともあるのかもしれないですね。
    今回行ったダーフィールド高校は、高速で30分ほどいったかなり郊外のところなんですよ~

 ニュージーランドの現地留学会社 

facebook



ニュージーランド語学留学情報
PAGE TOP