生活情報

ニュージーランドの新型コロナの現状/感染者数・ワクチン、国境など(2022年3月14日)

ニュージーランドコロナの現状

現在のニュージーランド国内の新型コロナ感染症(Covid-19)の状況についてまとめてみました。

ニュージーランドの市内感染状況について

現在の感染状況

2022年3月14日時点:
ニュージーランドでは新規で1万5千人前後の感染者が出ています。

New cases reported during the past 24 hours 14516
Active cases in past 10 days At the border 136
In the community 197251
Under investigation/other 0
Total 197387
Most recent case reported 12 March 2022
Most recent case reported due to community transmission (spread within our communities) 12 March 2022
感染者の多くはオークランドですが、ニュージーランド全国的に広がっています。

これまでのニュージーランドの感染者のまとめ

2022年3月14日現在、ニュージーランドの感染者合計は36万2千人。

ニュージーランドは2020年にいち早く厳しいロックダウン(都市封鎖)を行った効果もあり、2021年半ばまでは感染者も無く通常の生活を送れていました。

8月17日にオークランドでデルタ株の感染者が出てからはオークランドをロックダウンしたり、また12月半ばまでオークランドの境界線の行き来を禁止していましたが、感染の拡大が止まらず解放、そこから少しずつニュージーランド全国へ広がりました。

コロナワクチンの接種状況について

ニュージーランドはファイザー製のワクチンを提供しています。永住権を持っているかに関係なく、ニュージーランドに滞在している全員が無料で受けることができます。

https://twitter.com/naokonz/status/1389424955826139136?s=20

2022年3月14日までの状況:

12歳以上の2回目の接種率は94%、5~11歳が53%。

  12歳以上(2回接種済み) 5歳~11歳 ブースター(3回目)18歳以上
接種の割合 94% 53% 73%

★ニュージーランドでは現在ワクチンパスが導入されています。
プール、図書館、博物館など多くの公共施設で入口でワクチンパスを見せる必要があります。
マッサージ、美容院、ジムなどもワクチンパスが必要ですが、洋服、品物などの小売店、スーパーなどでは不要。
レストラン、カフェ、バーなどの飲食店でもワクチンパスが必要となり、無い場合はtake away(持ち帰り)やuber eatsなどのデリバリーサービスが使えます。

ニュージーランドへの渡航について

海外からニュージーランドへの渡航については徐々に前倒しになっているので、留学をご希望の方はクオリティニュージーランドへお問い合わせください。

ステップ1:227)午後11時59分から、豪州からのNZ国民、NZ永住権保持者及び特例入国が認められた外国人。

ステップ2:313)午後11時59分から、全世界からのNZ国民、NZ永住権保持者、特例入国が認められた外国人、賃金の中央値の1.5倍以上の収入がある必要不可欠な技能労働者(6か未満)及びワーキングホリデービザ保持者。

ステップ3:412(火)午後11時59分から、全世界からの既に発行済みの有効なビザ保有者、最大5,000人の留学生、季節労働者、必要不可欠な技能労働者(賃金の中央値1.5倍要件は撤廃)、その他優先される渡航者、プロスポーツ選手及びチーム関係者及び重要な文化イベントの出演者。

ステップ4:7までに、豪州国民及び永住権保持者、ビザ免除渡航者及び短期ビジネス目的渡航者及び労働ビザ保持者。パンデミックが次の段階に進んだ場合、程が早まる可能性あり。

ステップ5:10、観光及びビジネス目的のビジタービザ保有者(通常のビザ発給プロセス再開)。

全てのステップにおいて入国者に課される入国後の自己隔離について:
(1)入国者へ管理隔離(MIQ)を要求しない一方で、現時点において、入国者はNZ国内における濃厚接触者と同等の要件を遵守することが求められる。ワクチン未接種者を対象に、MIQは継続される。
(2)入国者は10間の自己隔離を必要とするが、NZ国内がオミクロン対策の3つのフェーズのうち、フェーズ2に入った場合は濃厚接触者の隔離期間が短縮されるため、入国者もいずれ7間の自己隔離になる。
(3)入国者には、空港到着時に自己隔離場所で使用するための迅速抗原検査キットが3セット配られる。到着乃至1目、5乃至6目に使用する。1セットは予備。
(4)陽性が出た場合、渡航者は地域の検査施設でPCR検査を受ける。

ニュージーランドの規制変更について

※以下、在ニュージーランド日本国大使館からのメールより

【NZ政府2月28日発表より】

1 自己隔離義務の撤廃
(1)3月2日(水)午後11時59分から、ワクチン接種済みでNZに入国する者に対しては、自己隔離義務を撤廃する。
(2)入国者は、引き続き、出発前の検査での陰性結果を持参することが求められる。
(3)入国時及び入国5日目(又は6日目)の2回、迅速抗原検査(RAT)を受ける。陽性結果の場合は、その結果を申告するとともに、市中で感染した場合と同じ日数の隔離が求められる。
(4)迅速抗原検査(RAT)で陽性となった入国者は、続いてPCR検査を受けることを要請される。PCR検査結果のゲノム解析を行うことで、新たな変異株に注目し、必要に応じて感染者を隔離できるようにしておく。

2 国境管理の段階的緩和ステップ2の開始前倒し
(1)3月4日(金)午後11時59分から(注1)、国境管理の段階的緩和のステップ2(注2)を前倒しして開始する。
(注1:当初の計画では、3月13日(日)午後11時59分にステップ2が開始される予定だった。)
(注2:ステップ2では、出発国を問わず、次のカテゴリーの者の入国が認められる。(ア)NZ国民、(イ)NZ永住権保持者、(ウ)特例入国が認められる必要不可欠な技能労働者(6か月以上勤務、賃金の中央値の1.5倍以上の収入等の条件有り)、(エ)ワーキングホリデー制度利用者。但し、査証申請受付開始は、ステップ2開始日より後になる場合がある。)。
(2)管理隔離施設(MIQ)は、ワクチンを接種していないNZ国民、難民、市中感染した一部の者を隔離するために維持される。
(3)今後数週間のうちに、ステップ3からステップ3の開始時期が見直される。

【NZ政府2月24日発表】

 対応計画の第三段階の概要は以下のとおりです。
●1日の感染者数が数千人になった状態を指す。
●ほとんどの感染者が自己管理を行う。保健・社会サービスの提供は、ニーズが高い家庭・コミュニティに焦点が当てられる。
●PCR検査は最も必要とする人に使われ、迅速抗原検査(RAT)が、より広く利用されることとなる。RATの陽性結果を得た場合、指定されなければ、確認のためのPCR検査を受ける必要はない。
●家庭内感染者である必須労働従事者(critical workers:医療、食料供給、インフラ等)は、ワクチン接種が完了しており、感染症状がない限り、RATの陰性結果を受けて職場復帰できる。
●陽性となった場合の隔離期間は10日間である。なお、隔離を終了する際の陰性結果は必要ない。
●家庭内感染者の隔離期間も10日間である。家庭内感染者は、隔離3日目及び10日目に検査を受けなければならない。
●家庭外の接触者は、症状がない限り隔離する必要ない。職場、学校、NZ COVID Tracerアプリ等から自身が接触者であるとの知らせを受けた場合、症状の経過観察を10日間行う。
●2月25日(金)より、現時点隔離中の家庭外接触者は、10日間の隔離を完了することなく隔離を終了できる。また、隔離終了時の陰性結果も必要ない。
●デジタル技術を引き続き活用する。一例として、感染者がオンラインで接触者を自己申告する。なお、(スマートフォン等の)デジタル機器を有しない方への支援は継続される。

アラートレベル(警戒レベル)について

Traffic light system(信号システム)への移行しました。

2021年12月2日より信号システムへ移行します。
詳細はこちら:https://covid19.govt.nz/assets/COVID-19-Protection-Framework/COVID-19-Protection-Framework-22-October-2021.pdf

オークランドは信号システムへの移行と同時にRedとなります。

飛行機の搭乗について

2021年12月15日より、NZ航空の「国内線」搭乗者はワクチン接種証明又は検査の陰性証明の提示が求められます。

NZ航空の「国際線」については、2022年2月1日から、ワクチン接種証明が必要となります。

※毎日更新では無いので、遅れての変更になることがあります。