Home > アーカイブ > 2012-07

2012-07

中心部の復興プランをもう少し詳しく…

昨日発表されたクライストチャーチ中心部の復興プラン(ブループリント)は、すごくいい!って人とがっかりって人に分かれてるみたい。
まだこの段階ではどうなるのか想像しずらいからなんともいえないけど…個人的には良さそうな感じがする。

今回の発表で注目されてたのが、主要な建物がどこに建設されるのか!.

黄色いのがコンベンションセンター、大聖堂広場に面してる
コンベンションセンター計画
昨日貼った図よりこっちの方が分かりやすいかな? 大聖堂北側(丘と反対側)のコロンボストリート沿いで、大聖堂広場とビクトリアパークの間に出来る。
以前のものよりも格段に大きくて、大きなイベントもここでできるから便利だよね!
でも、ここにあるFarmersや図書館は取り壊される?

コロンボストリートを挟んだ向かい側はセントラル図書館。修復するか新しくするかって話があったけど、移動することに。図書館で働いているベスに聞いたら、もともとの図書館って結構広かったようにも感じたけど、実際には本を置くスペースが足りない状態だったんだって。だから広くなるのかな~?

緑の逆L字型の緑の部分はオープンスペースに。このラインの内側が新しいシティセンターの範囲

クライストチャーチ復興プラン
今までと比べたらCBDがぐっと狭くなるね!
その分お店やレストラン、ビジネスなどが集中して便利になりそう

今回発表された、シティセンターのプランの全体図
シティセンターマップ
ほぼ中心の5(見にくいけど)が大聖堂広場だよ。スクエアも緑が増えるみたい。 

新しい屋根付きのスタジアム(35000人収容)は、右端のMadras StとBarbadoesの間だけど・・・あれっ、ここって今新しい建物を建ててる場所じゃなかったっけ!?もうかなり完成してきてるけど、どうするんだろう・・・
シティプランが早くできないと、こういうことも起こっちゃうよね!
それに、Cashel Stと一方通行のLichfield Stとのあるところにスタジアムができるから、ストリートが途切れる?

バスターミナルは、以前の場所から1ブロック南側(丘側)へ移動。コロンボストリートを挟んだ向かい側には裁判所やエマージェンシーサービスが入るんだとか。

日本領事館が入ってたコロンボストリートのビル(1階がスターバックス)はパフォーミングアート区域に入ってる・。・

120ページあるブループリントをじっくり見てたら、いつまでにそれぞれの施設が作られるかの目安が書いてあって…
今回発表された建物の多くは5年(2017年)でできる計画になってる!
遅れるかもとは書いてあるけど、約5年でスタジアムやコンベンションセンターができるっていうのは予想してたよりも早い!
こういうのができていけば、それに合わせてお店も戻ってくるだろうし、クライストチャーチの今後が期待できそうだね!

クライストチャーチ中心部の復興計画発表!

クライストチャーチ中心部の復興計画・ブループリントが、ニュージーランド政府の組織CCDU(Christchurch Central Development Unit)から、今夜発表されました!
*CCDUは今年4月にCERA(地震復興庁)によって作られた組織
クライストチャーチ復興計画
CCDUサイトより

今までよりコンパクトなシティセンターで、緑がもっと増えて、高さも制限される

キーとなる建物がどこに出来るのかも発表されたよ。
新しくて大きいコンベンションセンターや新しい中央図書館は大聖堂広場すぐ側に出来るんだね!
コンベンションセンター
CCDUのサイトより

気になるのが新スタジアム!!
液状化でダメになってしまったAMIスタジアムは、なんと中心部から徒歩3分の場所に!
3万5千人収容する屋根付きのスタジアムが出来るんだとか。
クライストチャーチの新しいスタジアム計画
CCDUサイトより
建築予定場所が、私の勤める放送局から1ブロック先@@
ここなら今までよりもっと気軽に観戦しにいける距離だよね!

私も仕事後にシティーでご飯たべて、そのままスタジアムに行ったりできそうで楽しみ^^

このブループリントを解説した動画はここで見れるよ。
参考: Rebuild plan for Christchurch unveiled

クライストチャーチの未来にわくわくするような、かっこいい3Dの3分間の映像!
クライストチャーチ復興計画
 クライストチャーチ中心部(CBD)の70%以上の建物が壊されるから、本当に一からの再建だよね。
コンパクトにまとまることによって、いろんなお店が集まって便利になりそう!
グリーンスペースも増えるから芝生でゆっくりしたり…ってこの計画を見てると妄想が広がる…

明日はCERAのトップ、ロジャーサットンへのインタビューもあるし、計画についていろいろ聞いてみたいな。

まだまだ建物を取り壊してる途中で復興へは長い道のりだけど、クライストチャーチがどんな魅力的な町になるのか期待だね!

本申請中にワークビザ更新:ニュージーランド永住権

ニュージーランドの永住権を申請する話の続き。
ワークビザ、オープンワークビザ、ビザや、これまでの永住権申請への道のりについては、カテゴリービザと永住権を見てみてね!
2010~11年当時の話&人によってケースバイケースだし、移民法は頻繁に変更されるので参考程度に…
詳しくはニュージーランド移民局や移民アドバイザーに聞いてみてね。

ニュージーランドの永住権を申請したけど、まだケースオフィサーも決まらない状態で地震が発生!
クライストチャーチの移民局も閉まっちゃって、このままだと3年間のワークビザが切れてしまうから、また更新しなくちゃいけなくなった…

*日本に日本人として住んでいるとビザってよくわからないけど、外国に滞在してるからにはビザが必要になるんだ。
ワークビザがもし切れたら働く権利が無くなって仕事が出来なくなっちゃうTT
永住権を持ってたらもうビザの心配をする必要はなくて、現地の人とほぼ同じ権利が得られる

ワークビザの更新っていっても、更新手続きがあるわけじゃなく、また普通にワークビザを申請しないといけない。

ポイント:ワークビザ更新とは、また1からワークビザを申請するようなもの

つまり、前回ワークビザを取得した時もやったように…また職場が求人広告を出して、しっかりと人材を探したけどニュージーランド人の中に適任がいなかったから、外国人を雇うしかないって証明しないといけない。

既に3年間社員で働いてるのに、移民局に証明するために求人広告を新聞に出したり、WINZ(ニュージーランドのハローワークのような所)にも登録したり…って、かなり嫌だよねTT
こういう時に自分が外国人であることを感じる><

でも初めてワークビザを申請した時みたいに書類集めは大変じゃなかった。
というのも、既に永住権申請で書類は全部そろってたから、また同じやつをだせばOKだからね!

夫のオープンワークビザも同時に出したよ。
(パートナーのスポンサーによるオープンワークビザだから、ビザは私のビザが切れる日といっしょ)

前回ワークビザの申請は自力でやったけど、地震の後でずっと働いてる人でもワークビザ更新が難しくなってるって噂もあったし、万全を期すためにワークビザの申請も移民弁護士にお願いすることにした。

予定通りいけば、これが最後のビザ申請になるはず…!

ニュージーランドワイン:All About

All About ニュージーランドに、「ニュージーランドワイン」の記事を更新しました。

参考:オールアバウトニュージーランド ニュージーランドワイン

私もNZに来る前はワインの美味しさがあまり分からなかったけど、2001年に旅行で来た時にブレナムでワイナリー巡りをして以来、ワインが好きになったんだ。
仕事後にちょっと飲みに行ったり、ホームパーティーでもバーベキューでも……ワインはキウイの生活に浸透してるよね。
普段飲むのは白ワインのソーヴィニヨン・ブランやシャルドネ、リースニングなどかなぁ。でも赤のピノ・ノワールも美味しい!

ニュージーランドワインと一緒に
プラッター料理をつまみながらワインを飲むのもいいよね

今回の記事では、ニュージーランドワインの価格、レストランでの楽しみ方から、代表的なワインの種類、主なワイン産地などを書いたよ。

暖かくなってきたら、行ったことのないエリアのワイナリー巡りにも行ってみたいな~

1 / 712345...最後 »

Home > アーカイブ > 2012-07

ニュージーランド旅行・留学
最新の記事
最近のコメント
Facebook
カレンダー
« 2012 年 7月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ニュージーランド航空
月別

トップに戻る