ニュージーランド移住10年目。ラジオ局での仕事、留学会社運営していてのあれこれ

  1. クライストチャーチ

地震後のクライストチャーチ中心地の外側とスーパーマーケットの様子

ニュージーランド、クライストチャーチで発生した大地震から4日が立ちました。
私の職場もシティーセンター、家もシティーセンターなので市街地しか見る事が出来なかったのですが、今日は地震発生後初めて市街地から出ることに!

というのも・・・

私の家はまだ水がでません。いまだに断水状態です。
飲める水が欲しいし、スーパーも開いたから買い物に行きたい。でも立ち入り禁止区域を車で出てしまうと、戻ってこれるかとても不安だったのです。

今朝、政府のヘルプラインに電話して聞いてみました。最初は「一度出たら入ることはできませんよ!」というのですが、私が「家は大丈夫なんです。ただ食料の買い出しと水がほしいだけで」といったら、上の人に確認してくれました。
その結果、「住民であれば夜6時半までに戻るなら規制区域出てもまた戻れる」ということが分かりました。

さっそく車でビーリーアベニューまで行って、規制ラインに立っている軍人さんに身分証明書と、住所が確認できる郵便物を見せると外に出られました。
これを見せればまた戻れるとのこと。

まずはスーパーマーケットに行こうとリカトン(Riccartonという市街地からハグレーパークを挟んで向こう側のエリア)へ向かいました。
ヘルプラインのお姉さんがリカトンモールのパッキンセーブが開いてると教えてくれたんだ。
シティーからハグレーパークの横を通った時、ハグレーパークに多くのキャンパーバンが見えました。
ニュージーランド大地震
家が無くなってしまった方たちかな。キャンピングカーがいっぱい並んでる。キャンピングカーはこんなときに即座に家になって便利だよね!

ハグレーパークを過ぎて、リカトンロードに入ったら・・・
ニュージーランド大地震
びっくりしました。今まで市街地しか見ていなかったから、クライストチャーチ全域で大変な事態になっているのかと思ったら・・・
倒壊している建物はところどころ。被害は限定的!

友達の家に用事があって行ったんだけど、その家にもヒビは全く入ってなくて、聞いたら棚に入った本が倒れたりした程度で、大きなものが倒れたり壊れものは何もないとのこと!
しかも、このエリアに住んでいる数人の友達はみんな水が出るって!
また空港に行った人にもあったけど、空港から市街地に向かう道もここと同じような様子で、大きな被害らしいものは無くて、クライストチャーチ空港のカフェもオープンしてるって。

テレビで被害の大きな地域を中心に報道しているし、私も市街地しか行動出来なかったので、てっきり全体が大変なことになったのかと思ったら、こうやってエリアによって被害は変わってくるんだね。
それにしても大聖堂から3キロも離れていない場所が、この程度の被害だということにビックリだった。

さっそく大きなショッピングモール・リカトンモール(Westfield Riccarton)の中に入っているスーパーマーケットPak'nSAVEへ行ってきました。
ニュージーランド大地震
リカトンモールはまだ空いてないけど、中のスーパーだけ開いてるんだ!
はっきりと見えないけど、右下にある看板にパン、ミルク、バッテリーなどは一人2つまででお願いします」って書いてあった

食料はいつも通りあって安心しました。値段も通常通り
ニュージーランド大地震
ニュージーランドは野菜やフルーツが安くておいしいよね!やっと買えて嬉しいTT
スーパーが開いたばかりの時にはパンなど人気の商品は補充が追いつかない状態だったらしいけど、今は落ち着いてちゃんと売っていたよ。

でもシーフードのコーナーは空になってた
ニュージーランド大地震
さすがにシーフードは難しいのかな。でも多くのものがいつも通り買えました

でも食品を手にとったときベトベトしていたりしてたよ。値札にワインか何かがかかっていたりね・・・
このスーパーはショッピングモールに入っていたけど、モールは閉まっていました。

その後、ブレナムロードにあるアジア食品スーパー・コスコにも行ったよ。ここも開いていたんだ!
韓国のカップラーメンとか簡単に食べられるものを買いました。

家の水も出ないので、避難所になっているバーンサイド高校へ行って水をもらってきました。
ここは、食糧、水、ブランケットなどの必要な品の配給をしてくれているんだ!
ニュージーランド大地震
食糧はスーパーで十分にゲットしてたので、水だけお願いしました。
コンテナを持っていなくてもこの大きな入れ物をくれました。10L位は入るかも。
リカトンやここ、バーンサイドは中心地ほど大きな被害は無いことが分かったし、スーパーに買い出しにも行けて、水もこんなにもらえて嬉しかったです。

帰りはパパヌイ、メリベール方面を通って市街地に戻りました。
パパヌイにあるニュージーランド名物のマーマイトを製造しているSanitariumの工場は、水を無料で配っているみたいでした。
ニュージーランド大地震
マーマイトはパンに塗るペーストで、ニュージーランドではどのスーパーでも売っています。

パパヌイやメリベールではリカトンやバーンサイドよりも、被害が大きかったように感じました。
メリベールモール周辺
メリベールモールの並びのお店
ここら辺も、古いレンガ造りの建物も多かったんだ。
こう見ると、やっぱりレンガ造りの歴史的な建物に被害が大きいようです。

液状化した泥は片付けてあった
ニュージーランド大地震

郊外をまわって市街地に帰ってきたら、改めて被害状況の差を感じました。
市街地の立ち入り禁止区域のラインになっているビーリーアベニューとコロンボストリートの角にある薬局
ニュージーランド大地震
ここもこんなひどい状況でした。

今日、中心地の外を周って思ったのは、被害は中心地に集中しているということです。
たった、大聖堂から3キロ程度しか離れてなくてもリカトンやフェンダルトンは被害が少なくて、雰囲気はいつもとあまり変わらなくも見えました。

クライストチャーチの最近記事

  1. クライストチャーチからアカロア旅行

  2. クライストチャーチ大聖堂広場にすごい中央図書館

  3. ハワイのPOKEボール専門店がオープン

  4. 満開!クライストチャーチの桜並木

  5. クライストチャーチに猫カフェcatnap cafeがオープン!

関連記事

コメント

    • IwaoNAGATA
    • 2011年 2月 25日

    阪神淡路大震災の経験者です。今回のNZの地震の報道を見ずにおられません。しかしどうしても当時を思い出して欝状態に陥っています。
    どうか健康管理に注意されて、長期戦を勝ち抜いて下さい。
    心から平和で幸せなな日々が早く取り戻されますよう祈念致します。

    • NaomiUchino
    • 2011年 2月 25日

    私は2001年にクライストチャーチに留学していました。
    ニュースで地震の様子、地震後の情報を聞くたびに心がいたみます。
    今でも脳裏にはっきりと残る、クライストチャーチの中心の美しい街並みが、違う姿になってしまっているとは、本心では信じたくありません。
    私の知っているニュージーランドの人たちは、国籍など関係なく、温かく接してくださる方々ばかりです。だからこそ、被災された方々全てが一日も早く、落ち着いた生活を取り戻せるよう祈っています。

    • くろねこ
    • 2011年 2月 25日

    TV報道はキングスと大聖堂とアートセンターが殆どで、中心部や市街地の情報がほとんどありません。しかし、ストリート名や町名、写真をたくさん掲載してくださり、連絡がとれない友達がいますが、すこしずつ安心することができます。
    ありがとうございます。
    私も大震災経験者ですが、いつかかならず復興できます。何年もかかるとおもいますが、私達も何かできることを考えながら一緒に進んで生きたいと思っています。第2災害に巻き込まれないように気をつけてお過ごしくださいね。
     

    • 松本 恵
    • 2011年 2月 26日

    3キロ外なだけで、そういう状態だったのですか。
    また、身分証明等で、スーパーにゆける・水も配給されているようで、私事ですが、安心いたしました。 貴女の、この報告のおかげで、沢山の…いろんなものを頂きました。
    衛生面で、心配なさそうで?なによりです。
    何件かの、突然な書き込み、承認無しでも、状況次第で消去して頂いても、何も思いません。(何も、という表現が変かも知れませんが) 私は、大丈夫ですという事です。
    とりあえず、私は赤十字に送金します。
    ストレス、大丈夫でしょうか。。
    コメント返信を、大変な中、ありがとうございます。 そして、状況報告されている貴女を尊敬いたしております。

    • rugzymoo
    • 2011年 2月 26日

    立ち入り区域内に住んでいると、区域からの出入りも簡単ではないんですね。区域内はインフラが回復していないから不便なのに…。
    でも、色々買出しできてよかったですね。徐々にでも平時の近付いていくことを祈ります。

    • y.okano
    • 2011年 2月 26日

    Add Your Commen
    9月の地震より尚子さんのブログを拝見しています。今回の地震でクライストチャーチ全部が壊滅したのでは無いと分かりました。 日本のニュースでは、激しく壊れた箇所ばかりで、もちろん大切なことなのですが、心が塞がりそうでしたので、とても安心しました。
    被災された方々の命が1日も早く救われます様に、皆さんの生活が平穏に戻る事を祈っています。
    日本では、報道時間がだんだん減っていっている様に思います。尚子さん、身体に気をつけて、これからもよろしくお願いします。

    • kamo_nasu
    • 2011年 2月 26日

    いつも拝見しています。
    一昨年までSanitariumの近くで働いており、MerivaleからPapanuiまでは毎日通った道です。なかなか報道では様子が分からなかったので、ありがたく思うと同時に、悲しみを新たにしています。
    特に在住期間の短い若い方は、コミュニティからの情報が少ないのでNaokoさんのブログは今とても役に立っている事と思います。
    ご自身も大変な状況でしょうが、皆さんのためにもブログ、続けてください。

    • Naoko
    • 2011年 3月 07日

    >IwaoNAGATAさん

    阪神大震災を経験されているんですね。私も地震発生直後から、恐怖や不安で寝付けないこともあります。そんな中で、今日日本赤十字からいらっしゃった心のケアチームの先生にお会いしました。「怖くなったり、肩が凝ったり、頭が痛くなったり・・・思いだして眠れないなど、災害を体験したらそういった反応は普通のこと。あんな体験したら何も無い方が不思議。そういう現象は誰でも起こることだから、と理解して受け止めて」と言われてほっとしました。
    思いだすたびにぞっとして、そのたびにこんな気分になって大丈夫なんだろうか・・・と少し不安になっていたので^^;でもそんな風に考えてしまうこと自体が、被災地では当たり前のことなのだと。
    健康には十分きをつけて生活していきたいです。ありがとうございます。

    NaomiUchino さん

    2001年にクライストチャーチに留学されていたんですね!私は2002年にクライストチャーチでワーキングホリデーで生活していました。
    クライストチャーチのこれからは、見た目は確実に変わってしまうけど、もっと安全で素敵な都市になるとクライストチャーチの市長も話してくれました。
    新生クライストチャーチに、ぜひいつか遊びにきてください!!

    くろねこさん

    こんにちは!そうですよね、最も被害の大きい地域だけの報道では、一体クライストチャーチ市全体がどのような状況になっているのか把握できないですよね。
    生活していて、他のエリアがどうなっているのかも知る事は重要ですし、現状をありのままに今後も伝えていきたいです。
    温かい言葉ありがとうです!!

    松本 恵さん
    いつもコメントありがとうです^^!
    3キロ外なだけでそういう状態なんて私も最初びっくりしました。でも逆に海側(東側)のエリアは液状化もひどく、市街地のような被害が出ているエリアもあります。

    募金への協力や温かい言葉をいつもありがとうです!!元気ずけられます。

    rugzymooさん

    立ち入り禁止区域内は、業者も簡単に出入りできないので修復が進まず、インフラも整っていません。2週間たっても水が出ない、または電気もつかない、それで6時以降は外出できないなど・・・><あと数日で私の住んでいるエリアも解放予定とのことなので、解放に期待しています。温かい言葉ありがとうです!

    y.okanoさん

    私も、シティーセンターを出るまでは、全域で壊滅状態になっているとばかり思っていました^^;
    シティーセンターほど揺れず、普通の生活を送られているかたも多いです。そういったエリアの方が、大変なエリアの方をサポートしたりしてくれています。
    日本の報道時間が減っても、私にとってクライストチャーチは大好きな街。何年でもずっと復興を、そして新生クライストチャーチの魅力を紹介していきたいです。

    kamo_nasuさん

    いつもブログに来てくれてありがとうです!
    わー工場の近くで働いていたんですね。私はワーキングホリデーでいた時、パパヌイで一時ホームステイしていたので、この前を歩いたときに工場からいい匂いが漂ってきたのを思い出します。
    元々クライストチャーチの魅力、ニュージーランドと日本の文化の違いなどなどブログでお伝えしていますが、今こんなときだからこそ、情報を発信したいと思っています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 ニュージーランドの現地留学会社 

facebook



ニュージーランド語学留学情報
PAGE TOP