Home > アーカイブ > 2011-01

2011-01

ピクトンにちょっと寄り道

先日ニュージーランド南島北部ネルソン方面に旅行に行った話の続き。

ハブロックから海沿いのくねくね道を進んでようやくピクトンに到着。
ピクトンは、北島の南にあるニュージーランドの首都・ウェリントンへのフェリーが出ている港町
ニュージーランド南島ピクトン
ピクトン市内に入る前の高台からの景色。港には船がいっぱい

観光客も多くて、お土産屋さんもいくつもあったよ。
あっこれは・・・
マオリのこけしっぽいお土産
以前コネタブログに書いたけど、友達のフラットに行った時に見たマオリの置物を発見!

ロシアのマトリョーシカ人形のように、中に同じ形をした少し小さいものが幾つも入ってるんだ。(最初「こけし」かと思ったらコメントをいただいてロシアの人形だということが判明したの)
マオリだけじゃなくて、ティキのバージョンもあるんだね!

ショッピングモールの突き当たりにある海辺の公園には、子供たちがいっぱい遊んでたよ。
ピクトン
あれ、このプールに入ってる像、ドナルドダックに似てる(けどちょっと違う感じがした)。ほかにも、ミッキーに似たのもあった(笑)

ピクトンで少しゆっくりしてから、一気にクライストチャーチに帰ることに。
けっこう距離あるけど、交代で運転すればその日のうちに帰れるはず!

まずはピクトンを出て、ブレナム方面に進んで・・・
丘が連なった独特の景色でキレイだった
ピクトンからクライストチャーチへ
ブレナムではワイナリーも少し周りたかったんだけど、予定よりも遅くなってしまい空いてる時間に間に合わなかった・・・
ワイナリーのレストランでディナーしようと思ってたけど、5時には全てのワイナリーが閉まっちゃうんだね><
行きに通った時にはクリスマス(25日)だったからワイナリーもやってなかったのTT
まぁクライストチャーチからそんなに遠いわけでもないから次回のお楽しみに!

ブレナム周辺は、マールボロ塩でも有名なんだ!
ニュージーランドの塩工場
塩の山!!何トンもあるんだろうね。横には広い塩田もあった
ニュージーランドのキレイな海水から作る塩は、日本でも売ってるほど有名なんだとか。
 

夜まで楽しめるバスカーズフェスティバル

ストリートパフォーマンスのお祭り、ワールドバスカーズフェスティバル(World Buskers Festival 2011)が1月30日、今日まで開催されていました。
朝から晩までパフォーマンスが見れて・・・クライストチャーチ市内はお祭り気分で盛り上がりました!
パラリンピックも同時期に開催されていたから、常に人がいて賑やかだった~

このフェスティバル、ニュージーランド国内だけでなく世界中から芸人が来ているんだけど、どの芸人さんたちもギャラは無いんだとか。
でもショーが終わった後に、気に入った人がお金を帽子などに入れる仕組み。みんなちゃんとお金いれるから毎回すごい大金が集まってそう・。・

私も仕事後や週末に見に行ったりしました。

アメリカから来た2人組 The BlackStreet Boyz
クライストチャーチでバスカーズフェスティバル
このバスカーズフェスティバルに何度も来た事がある人気のダンスグループ!

かっこいいダンスと、面白いトークがウリ。とにかく観客に最初から最後までからむ!

このイベント初参加のJessica Arpin
クライストチャーチでバスカーズフェスティバル
このステージの設定は・・・ヨーロッパから来たニュージーランド大好きな女の子。こっちに永住したいし、ニュージーランド人の夫が欲しい!でも、今あるワークビザがもう切れてしまう…ので今日この場を借りてキウイ・ハズバンドを探すとのこと。

いきなりお客さんの中から男性2人を選んで、ステージにあがってもらい、その2人に腕立て伏せやダンスをしてもらって、夫として的確かどうかチェックしていくの。
もちろん2人は今突然選ばれたから完全アドリブ。「それじゃあ、私に愛の言葉をいってちょうだい!」と言われて、突然花束とマイクを持たされ、強制的に告白させられたり・・・(笑)
でもニュージーランド人はどの人も堂々としたもので、こういう場所で話をふられても、ノリノリで参加しちゃうんだよね。
どちらの男性もかっこいい愛の言葉を思いつきで言って、ステージが盛り上がります。
日本だったら、恥ずかしくて笑っちゃって、どうしてもやりたくないって人が多そう。

ストーリーが続く合間に、自転車をつかったアクロバティックな技も披露
クライストチャーチでバスカーズフェスティバル
後ろから乗ったり、逆さに乗ったり、なんでもありだった!
結局今回は金髪のお兄さんの勝ちということで、ウエディングドレスをきてわーい!!っていうシーンで終わりました。すごく異色だけどこれはこれで楽しかった~
ということは、期間中何度もショーをやってるわけだから、キウイ・ハズバンドが毎日誕生してるんだね、設定上は・・・(笑)

夜は、ビクトリアスクエアが盛り上がっていました。
AERIALステージでは、Fuse Circusによるアクロバティックなショーが
クライストチャーチでバスカーズフェスティバル
すごい人!遠くの方にしか席が取れなかった
空中に吊るされているテーブルに何人も座って、そこから空中ブランコ状態になったり・・・

サーカスを見た後は、そばのUC Stageで2人組Les Walkyriesのファイヤーショーがやってたよ。
火を使ったパフォーマンスは明るい時間にもやってるけど、やっぱり暗くなってから見るとキレイだよね。
さすがにこの時間(夜10時)にもなると観客も少なくなってきたけど、その分近くに行って見ることができて迫力満点
クライストチャーチで火の舞
舞台と観客との間にオイルをまいて火を付ける・・・一気に火がぶわーーーーって広がっていく様子がかっこいい!

火のついたたいまつを振り回して、凄技の連発!
クライストチャーチで火の舞
平日でも仕事が終わったあと、ふらっと公園によるだけでこんなすごいショーが見れるなんて嬉しいよね。

ラジオ局が大変なことに

私の勤めるクライストチャーチにあるラジオ局プレインズFMは、現在改装工事中です。
工事直前に一枚
ニュージーランドのラジオ局改装中
上の写真は、オフィスにあった机も全部とりはずし、仮の部屋に移動した直後。
この後、私が顔出してる窓がついた壁も全部取り壊され、隣の部屋との境の壁もこわされ、広いスペースになった・。・

私はP1スタジオ(事前収録スタジオ)を仮オフィスとして使うことになりました。
最初はスタジオ兼オフィスとして使っていたけど、天井のコードなどをいじりはじめてからはホコリもすごく、また工事のため電気もしばらくつかなくなっていたのでスタジオとして使用不可能に。
今は部屋の照明は付くようになったけど、こんな風に機材全部にカバーをかけてこの中に埋もれて仕事してます^^;
ニュージーランドのラジオ局改装中
花見で敷くようなブルーシートや、迷彩柄のシート、民族風のカバーに、ベッドのシーツまで機材に被せてあってあやしい…!
2週間くらいこの中で小さいランプ1個に照らされて作業してたから、マッド・サイエンティストとか、リトル・マッシュルーム(きのこ=暗闇で育つ)というあだ名を工事業者の人につけられていました(笑)

スタジオのブースも吸音スポンジが全部はがされてた
ニュージーランドのラジオ局改装中
これも全部新しくする予定です。

トイレはこんなかんじに・・・!外が見えてます・。・
ニュージーランドのラジオ局改装中
夜になると泥棒防止のため、仮の頑丈なドアが設置されてる!翌朝になるとまた取り外されて作業が進む・・・

空調のパイプや無数のコード、天井や壁の裏側までむき出しに
ニュージーランドのラジオ局改装中
職場の半分がこんな感じになっちゃってるので歩くのもキケン。
電気のコードが出てるボックスにALIVE(生きてる)って書いてあったし><

それでも大人数で一気に作業が進んでるので、毎日景色ががらっと変わってるよ。
ニュージーランドではこの手の工事が遅いというイメージがあるので、作業の進み具合にびっくり。

今日は新しい壁を何個も作ってた!
明日はカウンシル(クライストチャーチ市役所)から人が来て、強度などを確認しに来るんだとか。

工事中はいろいろと面倒だけど、工事のお兄さんたちもみんないい人だし、みんなでこの環境を逆に楽しむようにしています。

Havelock(ハブロック):マッスルで有名な町

ニュージーランド南島北部ネルソン方面を旅行した話の続き。

乗馬した翌日は、ピクトンに行ってみることにしたよ。
長雨の影響で、ネルソン~ピクトンへの道は土砂崩れがあちこちであったみたい。道路に土が舞ってた
洪水で土砂崩れになったピクトン方面
たぶん、数日前までは通行止めになってたんだろうね。ようやく復旧したって感じだったよ。
何箇所も片道通行になってて、渋滞が出来てて移動に時間かかった!
ピクトンの近く
こんな感じで、土砂崩れをとりあえずどけてあった

ネルソンとピクトンの間の町ハブロック(Havelock)の町に到着。
ネルソンとピクトンの間の町ハヴロック
海辺の町で、お店もある。多くの旅行中の人が休憩地として使ってた

Havelockは、グリーンマッスル(ムール貝)で有名な町らしく、マッスルファーム(ムール貝養殖場)を見に行くツアーもあるんだ!
マールボロサウンドのクルーズをした後ファームを見学、船の上でワインを飲みながら新鮮なマッスルを食べれるんだとか。

素通りする予定だったけど、せっかくなのでマッスルを食べていくことに
ニュージーランドのムール貝
レストラン"Mussel Pot"のGrilled Mussel(18ドルくらい)。
味付けを選ぶことが出来るけど、ハーフ&ハーフもOKだったから、Garlic and herb butterとLemon mushroom creamの2種類を選択したよ。
どちらもすごく美味しい・・・これはオススメ!
隣に座っていた方はマッスルが苦手だけど、付き合いで食べてみたらとっても美味しい!これなら食べれるわって言ってた・。・

インフォメーションセンターで見所を聞いたら、「近くの展望台からの景色がいいよ~」とのこと。少し高台まで上っていったら・・・
洪水の後で濁った海
なにこれ!超濁ってる・・・天気も良くて山はキレイなのに海がこれだと残念だよね
キレイな景色は想像できるけど…土砂崩れの影響で茶色すぎる!!

HavelockからPictonへの道はさらにすごく、あちこちに土砂崩れの影響が・・・
この間のみちはくねくねで、脇に土砂とかが積もってるせいで対向車が反対側の車線に出てきたりして危ないので、ゆっくりと安全運転して進んでいったよ。

ピクトンに近付くにつれて徐々に海の濁りもなくなってきたよ。
ピクトン近くの入江
ここら辺まで来ると濁りもほとんどなく、この入江はいつものキレイな海の色だった

南島の玄関、ピクトンは次の記事で・・・

1 / 612345...最後 »

Home > アーカイブ > 2011-01

ニュージーランド旅行・留学
最新の記事
最近のコメント
Facebook
カレンダー
« 2011 年 1月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
ニュージーランド航空
月別

トップに戻る