Home > ビザ関係、永住権

ビザ関係、永住権 Archive

ニュージーランドの永住権がさらに厳しく・・・@@

ニュージーランドでは記録的に移民の数が増えていて、「オークランドが混み過ぎている」「移民が高騰している家の価格を押し上げているのではないか?」「ニュージーランド人の仕事が奪われる?」って時々ニュースで取り上げらているけど・・・

 

「ニュージーランドの永住権を取るための条件」が、2016年10月に厳しくなったばかりなのに、さらに永住権の審査を厳しくするという発表が今日あってビックリ!!@@

 

参考に、去年変更になった点は…

<永住権のSkilled Migrant Category(技能部門)の去年の変更点>

・永住権の最初のステップ、EOIはポイント制で、今まで140点を超えていれば自動選出されていた→「160ポイント以上必要」に変更

・必要な英語力はIELTS6.5。以前は英語環境で働いているなど、移民局の審査官が大丈夫そうだと判断したらアイエルツの試験を免除されることもあった→カナダ、アイルランド、イギリスの市民権を持っていたり、アメリカで5年以上働いた経験がある、またはオーストラリア、ニュージーランドで5年以上の留学経験があるなどの厳しい条件に当てはまらなければIELTS6.5の提出が必要に

 

この変更だけでも衝撃が走ったのに、さらに今日ニュージーランド政府から発表が…

ニュージーランド移民局

2017年8月から、政府がスキルを認めている仕事(Skilled Migrant)で申請する場合、最低でも年収が4万8859ドル必要に
時給にすると23.49ドル。
ちなみに、今の最低賃金は15.75ドル。

もしスキルが認められていない職業だった場合、その1.5倍の7万3299ドルの年収が必要。
(時給35.24 ドル!)

この年収が無い場合、永住権の雇用ポイントとして加算出来無くなる。

 

低賃金で外国人労働者がたくさん入ってくると、ニュージーランド国民の失業率が上がるっていうのも分かるんだけど、これで急に申請出来なくなっちゃう人もけっこういるんじゃないかなTT

オーストラリアやアメリカも、つい昨日ビザを厳しくするって発表があったところだったし、世界的にそういった流れになっているんだろうね。

ただ、年齢ポイントについては、30歳~39歳の人は今まで以上のポイントがもらえるんだとか。

ニュージーランド移民局

前回の変更で、英語力(IELTS6.5)をしっかりとチェックするようになって、必要ポイントも160ポイントに上がり、さらに給料にまで言及されるって、ここまで急に基準を上げられるなんてね。

 

この発表前でも、移民弁護士と話した時に「どの職業で永住権を申請するとしても、「その職業のニュージーランドでの平均的な給料」を参考にして、それ位はもらっていないと、スキルがあると認められないことが多いから注意」って話してたんだよね。

だからこの移民弁護士は、いつも永住権を申請する前に、申請者の職業のジョブディスクリプション(仕事内容)と給与をよく確認して、これくらいの額を貰ってないとだめ、足りないならボスに賃上げを頼むか、転職するか、別のキャリアを考えた方がいいってアドバイスしてたのを思い出したよ。

 

ニュージーランドブログランキング参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

下の「ニュージーランド情報」をクリックすると投票されてランキングが上がるから、クリックよろしくね。

Post to Google Buzz
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ニュージーランドの永住権がさらに厳しく・・・@@
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ニュージーランドの永住権がより難しくなる

今日ニュージーランド移民局が、移民法の変更を発表!

NZの永住権発行数を減らすことにしたから、そのために永住権の審査基準を厳しくするって。

 

今回発表された移民法の変更は、ニュージーランドの永住権についてのみ。

だからワークビザやワーホリ、学生ビザなどについては変更は無いよ。

ニュージーランド移民局

注目なのは、永住権のSkilled Migrant Category(技能部門)での変更。

 

ニュージーランドの永住権を申請したい!と思っても、誰でもいきなり申請することは出来ないんだ。

まずはEOI(Expression of Interest)を提出して、永住権を申請したいと表明。

これに選出&その後の審査に通ると、いよいよ永住権を申請するための招待状が来て、ようやく本申請出来る。

 

この永住権の最初のステップ、EOIはポイント制!

今何歳か、仕事に関連した学歴、ニュージーランドで必要とされている分野でのジョブオファーがある、またはもう働いているのか…など各項目によってポイントが加算されていって、今までは100点を超えたら申請出来たのね。

140点を超えていれば自動選出されていたんだ。

今回、160ポイント以上の人が選出されるように改正!

点数がギリギリの人にとって厳しくなるけど、オークランド以外での申請で30ポイント追加されるのが大きく響きそう。

オークランド中心部の夜景

また、ニュージーランドの永住権のSkilled Migrant Category申請に必要な英語力はIELTS6.5。

これは英語環境で働いているなど、移民局の審査官が大丈夫そうだと判断したらアイエルツの試験を免除されることもあったんだ。

私も実際に完全に英語環境で働いているからと、特にIELTSの提出は問われなかったんだよね。

もちろん今までも、オフィサーに言われればIELTSを提出しなければならなかったし、私も言われたらすぐに受けるつもりでいた。

 

でもこれからは、カナダ、アイルランド、イギリスの市民権を持っていたり、アメリカで5年以上働いた経験がある、またはオーストラリア、ニュージーランドで5年以上の留学経験があるなどの厳しい条件に当てはまらなければIELTS6.5の提出が必要になる!

ニュージーランドに移住を考えている人はしっかりと英語力を伸ばすことがまず大切になってくるね。

 

移民局サイトにあるQ&Aを見ると、

「EOIを出そうと思ってたけど、新しい必要なポイントが無い場合はどうすれば?」という質問に対して、選出されないだろうから、出さない方が良い。という回答が。

ぎりぎりのポイントだった場合、出す寸前だったらかなりショックだよねTT

でも既にインビテーション(本申請への招待状)が来ている人は、今までの書類で大丈夫だって書いてある。

 

これは今後2年間の話だから、その後さらに厳しくなるのか、逆に緩くなるのか・・・

 

 

ニュージーランドブログランキング参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

下の「ニュージーランド情報」をクリックすると投票されてランキングが上がるから、クリックよろしくね。

Post to Google Buzz
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ニュージーランドの永住権がより難しくなる
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ビザがまだ出無くて入国出来ない

今日話していたフィリピン人の女性が、私と同じで出産してから一か月ちょっとで。

フィリピンからニュージーランドに移住してきて、実家がフィリピンにあるんだけど・・・

「出産後の生活を手伝いにお母さんがニュージーランドに来てくれる」予定だったのに、ビザが出なくてまだ来れないんだってTT

フラットホワイト ニュージーランド

日本人なら3か月までの滞在であれば、通常ビザを特別に申請しなくてもビジター(観光)としてニュージーランドに入国できるけど、フィリピン人が来る場合には短期の滞在だけでもビザがいるんだね><

「日本人はビジタービザの申請はいらないんだっけ?

航空券取ってすぐ来ればいいの?それは楽でいいな~」って言ってた。

国によって条件が違うんだよね。

 

そういえば、以前友達の友達が、タイからニュージーランドに来るのに観光ビザが却下されて来れなかったという話を聞いたことがあったような・・・

それにしても出産後で大変な時期に、なかなかビザの審査が長引いていつまでたっても出発出来ないってすごいストレスだよね・・・。

 

ニュージーランドブログランキング参加中!

下の「ニュージーランド情報」をクリックすると投票されてランキングが上がるから、クリックよろしくね。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

クオリティーニュージーランドでは、小学・中学・高校、語学留学などの無料手続きや現地サポートをしています。

Post to Google Buzz
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ビザがまだ出無くて入国出来ない
Bookmark this on Yahoo Bookmark

学生ビザが更新できない?出席率に注意!

ニュージーランド留学生活にも慣れて来てしばらくすると、気がゆるんでくることもあるよね。
学校が終わってから遅くまでバイトをしていると、次の日学校を遅刻したり・・・

でも学校の出席率には注意!

どの学校(小・中・高校、専門学校、語学学校など)でも、出席率が下がってくると翌年に学生ビザが更新できなくなる可能性もあるんだ。

勉強をする目的で学生ビザを取得したのに、学校へ通えていなければ、違う目的なのではと疑われてしまうからね。

学校によっては、学校から直接学生ビザを申請出来るところもあるけど・・・
出席率が学校から出せる規定の数字を下回っている場合、学校からは直接申請ができず、最寄の移民局またはオンラインで自分で申請するしかなくなるなどの条件も。

英語の授業 ニュージーランド高校留学

専門学校や語学学校に通っていて、アルバイトを優先させちゃって出席率が下がってしまう人もいるけど、
勉強もおろそかになって、学生ビザも更新できなかったら、全く意味が無くなっちゃうよね!

来年以降留学を継続できなくなったら大変だし、来年留学予定がなくても学校によっては卒業証書がもらえなかったり、卒業式に参加させてもらえないなんてこともある。

ニュージーランドに留学していて、普通に通っていれば出席率を気にすることもないけど、もしちゃんと通えていなかったらそういうこともあるっていうことを知っておくのはいいかも。

 

ニュージーランドブログランキング参加中!

下の「ニュージーランド情報」をクリックすると投票されてランキングが上がるから、クリックよろしくね。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

Post to Google Buzz
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 学生ビザが更新できない?出席率に注意!
Bookmark this on Yahoo Bookmark

1 / 1112345...10...最後 »

ホーム > ビザ関係、永住権

ニュージーランド旅行・留学
最新の記事
最近のコメント
Facebook
カレンダー
« 2017 年 5月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ニュージーランド航空
月別

トップに戻る