Home > ビザ関係、永住権

ビザ関係、永住権 Archive

NZワークビザの大きな変更点

ついにニュージーランド移民局からワークビザの変更点が発表された!

2017年8月28日から適応。

ニュージーランドで働きたい、移住したい人はチェックしておきたいところ。

詳しくはニュージーランド移民局のサイト(今回の変更点該当ページ、英語)でしっかりと読んでね。

これはワークビザについてだから、学生ビザでアルバイトしたり、ワーホリで仕事したり…という人には関係ないよ。

オークランド

ニュージーランド移民局が発表したワークビザの新しい条件には、最低年収が盛り込まれた!

 

Essential Skills Work Visa (ワークビザ)の中でも、給料や職種によって3つに分かれる

 

  • Higher-skilled(高スキル)年収73,299ドル以上

 

  • Mid-skilled(中スキル) –  年収41,538ドル以上、ANZSCOレベル1~3

 

  • Lower-skilled(低スキル) –  年収が41,538ドル以下

 

*ANZSCOレベルとは…移民局がビザの審査のために使う職業分類リストで、専門職でマネージャーやプロフェッショナルレベル~簡単な仕事まで、職種をレベル別に分けたもの。同じ職場で働いていても、業務内容によってANZSCOレベルが変わってくる!

ANZSCO1~3で、年収$41,538以上なければ低スキル職とみなされ、ワークビザで最長三年間しかニュージーランドにいられない!
でも1年間国外に出れば、また低スキルでもワークビザを申請できる。

 

これによって、今までなんとなくみんなが思っていた「数年間ワークビザで働き続けていれば、そのうちニュージーランドの永住権も取得できる?」っていう感じでも無くなってきた。

今現在「低スキル職」でも、働いているうちに努力して、給料を上げてもらうか転職して条件をクリアしていくことも出来る。

ニュージーランド移民局
「ビザ申請の為にマネージャー職などを与えられた」ため給料がそれに見合わない…なんて話も聞くから、そういったビザ申請者への対策もある?

 

もう一つ、大きな変更点が。

今までワークビザの配偶者はオープンワークビザ(雇用主を限定しない就労可能なビザ)が取れたのに…

この変更後から、低スキルのワークビザでは配偶者と子供はそれぞれ各自ビザを取得する必要がある!

 

こうなってくると、雇用主も外国人を低賃金でずーっと雇い続けるのが難しくなってくる。

手に職があって、英語力が高くてニュージーランドの文化に溶け込んでいけるようなコミュニケーションスキルがあれば、この改正はあんまり影響が無いのかな。

ワークビザの申請書類

 

ニュージーランド移民局が、こんな統計も発表。

・今ANZSCOレベル1-3(高いレベルの仕事)で既にビザを持っている人の中で、年収が足りず低スキルとみなされてしまう人は9700人~11800人程

・今年5月の時点で、すでにビザを持っている人のうち、低スキルカテゴリーに当たるのは11214人

 

今現在ニュージーランドでワークビザを保持している外国人にとって、これだけの多くの人に即影響が出るんだね…!

高い技術力が必要となる仕事でも、年収が伴っていなければ低スキルとみなされるというのが厳しい。

 

 

ただワークビザって、テンポラリービザ(一時的な滞在のためのビザ)なんだよね。それははっきりとイミグレも前から言ってる。

ニュージーランドの失業率を上げるわけにはいかないし、ニュージーランド人優先で雇用をしないといけないから、海外から人材を持ってくるのであれば、それなりの人がほしいというのは以前から変わらないポイント。

実際に、求人広告を出しても現地の人から最適な人が見つからなかったという証明を出すしね。

 

 

今まで以上に高い英語力はもちろん、それなりの年収のオファーをもらえるような仕事のスキルが必要になってくる。

そうやってスキルアップしていけば、結果として永住権にもつながっていきそう。

 

ニュージーランド移民局のサイトを見ると、もうワークビザの項目が新しくなってる。

どういった条件で(職種、年収など)何年間のワークビザが申請出来る?って表や、Q&Aも載ってるよ。

参考:NZイミグレ公式サイト Essential Skills Work Visa

 

ニュージーランド移民局の発表を日本語にして要点を書いてみたけど…

ワークビザの申請を考えているなら、移民局に問い合わせる、または直接移民弁護士や移民アドバイザーに確認するのが確実!
*ビザのアドバイスは、移民弁護士や移民アドバイザーなどの有資格者しか出来ない

 

ニュージーランドブログランキング参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

下の「ニュージーランド情報」をクリックすると投票されてランキングが上がるから、クリックよろしくね。

クオリティーニュージーランドでは、小学・中学・高校、語学留学などの無料手続きや現地サポートをしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - NZワークビザの大きな変更点

ニュージーランド移住希望者に嬉しいニュース!

去年から、「ニュージーランドの永住権を取るための条件」がさらに厳しくなってきて・・・

ニュージーランドに移住を考えている人にとっては立て続けに厳しい話が続いていたよね。

参考:ニュージーランドの永住権がさらに厳しく・・・@@

この時発表された条件変更の中でも、インパクト大だったのがコレ

・・・・・・・

2017年8月から、政府がスキルを認めている仕事(Skilled Migrant)で申請する場合、最低でも年収が4万8859ドル必要に
時給にすると23.49ドル。
*今のニュージーランドの最低賃金は時給15.75ドル。

もしスキルが認められていない職業だった場合、その1.5倍の7万3299ドルの年収が必要。
(時給35.24 ドル!)

この年収が無い場合、永住権の雇用ポイントとして加算出来無くなる。

・・・・・・・

というもの。

クライストチャーチ ニュージーランド移民局

今まででも、移民弁護士から何度か「スキルや経験に見合った給料でないとスキルがあると評価されないだろう」とは聞いていたけど…
具体的にいくら以上っていうラインは無かったんだよね。

この額が設定されれば永住権の申請をすることが出来無くなる人も多いって聞く。

もうすぐ選挙だから、選挙前に移民に厳しい法案が出てくるのはいつものことだって話も…。

 

でも先日、このニュージーランドの移民削減計画に各方面から強い反発があって、この移民法の改正を見直す動きが!!

レストランや観光業界など「外国人を今までの賃金で雇うことが出来なければ成り立たない」というビジネスも多い。

ただニュージーランド人の失業率を上げるわけにもいかないから、そのあたりのバランスを考えているとのこと。

 

もしかしたら8月にこのように改正される予定だったのが、考えなおしてくれる可能性もあるという発表で・・・

まだどう改正されるか決定したわけではないけど、少なくとも今後ニュージーランドに移住を考えている人にとっては朗報!

これからの動きに注目だね!!

 

ニュージーランドブログランキング参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

下の「ニュージーランド情報」をクリックすると投票されてランキングが上がるから、クリックよろしくね。

クオリティーニュージーランドでは、小学・中学・高校、語学留学などの無料手続きや現地サポートをしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ニュージーランド移住希望者に嬉しいニュース!

ニュージーランドの永住権がさらに厳しく・・・@@

ニュージーランドでは記録的に移民の数が増えていて、「オークランドが混み過ぎている」「移民が高騰している家の価格を押し上げているのではないか?」「ニュージーランド人の仕事が奪われる?」って時々ニュースで取り上げらているけど・・・

 

「ニュージーランドの永住権を取るための条件」が、2016年10月に厳しくなったばかりなのに、さらに永住権の審査を厳しくするという発表が今日あってビックリ!!@@

 

参考に、去年変更になった点は…

<永住権のSkilled Migrant Category(技能部門)の去年の変更点>

・永住権の最初のステップ、EOIはポイント制で、今まで140点を超えていれば自動選出されていた→「160ポイント以上必要」に変更

・必要な英語力はIELTS6.5。以前は英語環境で働いているなど、移民局の審査官が大丈夫そうだと判断したらアイエルツの試験を免除されることもあった→カナダ、アイルランド、イギリスの市民権を持っていたり、アメリカで5年以上働いた経験がある、またはオーストラリア、ニュージーランドで5年以上の留学経験があるなどの厳しい条件に当てはまらなければIELTS6.5の提出が必要に

 

この変更だけでも衝撃が走ったのに、さらに今日ニュージーランド政府から発表が…

ニュージーランド移民局

2017年8月から、政府がスキルを認めている仕事(Skilled Migrant)で申請する場合、最低でも年収が4万8859ドル必要に
時給にすると23.49ドル。
ちなみに、今の最低賃金は15.75ドル。

もしスキルが認められていない職業だった場合、その1.5倍の7万3299ドルの年収が必要。
(時給35.24 ドル!)

この年収が無い場合、永住権の雇用ポイントとして加算出来無くなる。

 

低賃金で外国人労働者がたくさん入ってくると、ニュージーランド国民の失業率が上がるっていうのも分かるんだけど、これで急に申請出来なくなっちゃう人もけっこういるんじゃないかなTT

オーストラリアやアメリカも、つい昨日ビザを厳しくするって発表があったところだったし、世界的にそういった流れになっているんだろうね。

ただ、年齢ポイントについては、30歳~39歳の人は今まで以上のポイントがもらえるんだとか。

ニュージーランド移民局

前回の変更で、英語力(IELTS6.5)をしっかりとチェックするようになって、必要ポイントも160ポイントに上がり、さらに給料にまで言及されるって、ここまで急に基準を上げられるなんてね。

 

この発表前でも、移民弁護士と話した時に「どの職業で永住権を申請するとしても、「その職業のニュージーランドでの平均的な給料」を参考にして、それ位はもらっていないと、スキルがあると認められないことが多いから注意」って話してたんだよね。

だからこの移民弁護士は、いつも永住権を申請する前に、申請者の職業のジョブディスクリプション(仕事内容)と給与をよく確認して、これくらいの額を貰ってないとだめ、足りないならボスに賃上げを頼むか、転職するか、別のキャリアを考えた方がいいってアドバイスしてたのを思い出したよ。

 

ニュージーランドブログランキング参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

下の「ニュージーランド情報」をクリックすると投票されてランキングが上がるから、クリックよろしくね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ニュージーランドの永住権がさらに厳しく・・・@@

ニュージーランドの永住権がより難しくなる

今日ニュージーランド移民局が、移民法の変更を発表!

NZの永住権発行数を減らすことにしたから、そのために永住権の審査基準を厳しくするって。

 

今回発表された移民法の変更は、ニュージーランドの永住権についてのみ。

だからワークビザやワーホリ、学生ビザなどについては変更は無いよ。

ニュージーランド移民局

注目なのは、永住権のSkilled Migrant Category(技能部門)での変更。

 

ニュージーランドの永住権を申請したい!と思っても、誰でもいきなり申請することは出来ないんだ。

まずはEOI(Expression of Interest)を提出して、永住権を申請したいと表明。

これに選出&その後の審査に通ると、いよいよ永住権を申請するための招待状が来て、ようやく本申請出来る。

 

この永住権の最初のステップ、EOIはポイント制!

今何歳か、仕事に関連した学歴、ニュージーランドで必要とされている分野でのジョブオファーがある、またはもう働いているのか…など各項目によってポイントが加算されていって、今までは100点を超えたら申請出来たのね。

140点を超えていれば自動選出されていたんだ。

今回、160ポイント以上の人が選出されるように改正!

点数がギリギリの人にとって厳しくなるけど、オークランド以外での申請で30ポイント追加されるのが大きく響きそう。

オークランド中心部の夜景

また、ニュージーランドの永住権のSkilled Migrant Category申請に必要な英語力はIELTS6.5。

これは英語環境で働いているなど、移民局の審査官が大丈夫そうだと判断したらアイエルツの試験を免除されることもあったんだ。

私も実際に完全に英語環境で働いているからと、特にIELTSの提出は問われなかったんだよね。

もちろん今までも、オフィサーに言われればIELTSを提出しなければならなかったし、私も言われたらすぐに受けるつもりでいた。

 

でもこれからは、カナダ、アイルランド、イギリスの市民権を持っていたり、アメリカで5年以上働いた経験がある、またはオーストラリア、ニュージーランドで5年以上の留学経験があるなどの厳しい条件に当てはまらなければIELTS6.5の提出が必要になる!

ニュージーランドに移住を考えている人はしっかりと英語力を伸ばすことがまず大切になってくるね。

 

移民局サイトにあるQ&Aを見ると、

「EOIを出そうと思ってたけど、新しい必要なポイントが無い場合はどうすれば?」という質問に対して、選出されないだろうから、出さない方が良い。という回答が。

ぎりぎりのポイントだった場合、出す寸前だったらかなりショックだよねTT

でも既にインビテーション(本申請への招待状)が来ている人は、今までの書類で大丈夫だって書いてある。

 

これは今後2年間の話だから、その後さらに厳しくなるのか、逆に緩くなるのか・・・

 

 

ニュージーランドブログランキング参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

下の「ニュージーランド情報」をクリックすると投票されてランキングが上がるから、クリックよろしくね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ニュージーランドの永住権がより難しくなる

1 / 1112345...10...最後 »

ホーム > ビザ関係、永住権

ニュージーランド旅行・留学
最新の記事
最近のコメント
Facebook
カレンダー
« 2017 年 10月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ニュージーランド航空
月別

トップに戻る